データドリブンソリューション

ホーム ソリューション データドリブンソリューション
a
データドリブンソリューション

データドリブンとは、テキスト・数値データの分類・整理によって、事業・プロダクト・サービスに有用な情報を発見し、企業活動の意思決定をサポートすることです。

特に昨今は書籍・文献データといったアナログデータをはじめ、WebサイトやSNSなどのデジタルデータといったように、多量のデータが至る所に存在します。これらのデータは経営やマーケティング、制作等の施策における意思決定に有用な情報です。

弊社ではSEO対策やコンテンツマーケティングといったWeb集客施策、SEOコンテンツ制作やSEOライティング、Webサイト制作、映像・動画制作等のコンテンツ制作に分析データを活用いたします。

Features & benefits

データドリブンソリューションの特長とメリット

デジタル化やWebの活用が進む現在は、コーポレートサイトやECサイトやオウンドメディア、SNSなど、さまざまなマーケティングチャネルがあります。

商品やサービスによって相性のよいチャネルは異なるため、複数のチャネルで成果を分析することで、企業に適切なチャネルをデータドリブンに選択し、見込み客へアプローチできます。

デジタルデバイスの普及やSNSの台頭により、見込み客と企業のタッチポイントや顧客のニーズが多様化しています。

多量のデータから顧客のニーズを分析するデータドリブンでは、客観性のあるデータから顧客のニーズを抽出しマーケティング施策に活用できます。

経験や実績を基にした意思決定は、会得までに多くの時間が必要で、社長や部長といった企業の中枢を担う責任者へ属人的になりやすいの傾向にあります。

一方でデータドリブンな施策では収集したデータを基にするため、上司へ属人的にならず現場レベルでのスムーズな意思決定に寄与します。

多くの企業では顧客データや商品・サービスデータ、営業・マーケティングデータ、お客様の声・レビューなど、多種多様なデータを収集できます。

さらに現在はWebやSNSデータの活用もメジャーになっていますが、データドリブンな施策では、これらのデータを収集・蓄積することで、その後の集客やマーケティング施策に有効活用できます。

Project progress

データドリブンなプロジェクトの進め方

多量のデータを収集

多量のデータを収集

蓄積データを分析

蓄積データを分析

データを戦略へ

データを戦略へ

FAQ

データドリブンソリューションのよくある質問

アナログなデータをはじめ、音声データ、Web上の行動データ、検索データ、エリアデータ、属性データ等、さまざまなデータが対象です。

プロジェクトに応じて、必要となるデータの収集から分析まで行います。

基本的には無料で使用できるGoogleアナリティクスやサーチコンソールを活用いたします。その上でプロジェクトに必要となるデータを、その他の分析ツールを活用し収集いたします。

データ分析は、該当のデータを分析し、分析したデータからプロジェクトに活用できる情報を洗い出すことです。一方、データドリブンは、洗い出したデータを活用し、マーケティング戦略やコンテンツ制作等に役立てることです。

問題ございません。少量のデータであっても、マーケティング戦略等に有用なデータは存在します。

必須ではございません。ご予算や活用体制などを加味し、まずはプロジェクトに応じた無料のデータ分析サービス等を活用いたします。

SEO対策やコンテンツマーケティングといったWeb集客施策、SEOコンテンツ制作やSEOライティング、Webサイト制作、映像・動画制作等のコンテンツ制作に活用いたします。具体的なWeb集客施策やコンテンツ制作の内容はサービスをご覧ください。