Case

物件買取サービスのコンテンツコンサルティング事例 比較記事で他社との差別化

ホーム 事例 コンテンツコンサルティング事例 物件買取サービスのコンテンツコンサルティング事例 比較記事で他社との差別化
物件買取サービスのコンテンツコンサルティング事例 比較記事で他社との差別化

事例概要

事業物件買取サービスの運営
対象BtoB/BtoC
媒体サービスサイト
費用30〜50万円/月
目的
集客チャネル拡充・アクセスアップ/見込み客獲得・お問い合わせアップ
内容
3C分析/サイト・コンテンツ分析/ペルソナ・カスタマージャーニー設計/コンテンツ企画・制作/サイト内導線・CTA改善

 

コンサルティング前の課題

・自社物件買取サービスと他社物件買取サービスの違いを明確にして、アクセスのあった見込み客からのお問い合わせを促していきたい

・自社の物件買取サービスとは合わない層からもお問い合わせが来てしまうので、合わない層は事前に省けるように改善したい

・社内でコンテンツの改善や制作するノウハウがないので、外注で効率的に作業をまかないたい

 

施策内容

・自他の物件買取サービスの内容や特徴を明確にするため、競合分析により複数のカテゴリで比較表を交えた情報を追加しコンテンツを改善

・不本意なお問い合わせ対応を削減するため、自社物件買取サービスに合わない顧客には他の物件買取サービスへ送客できるように新規コンテンツを追加

・ミスマッチを防ぐためサイト内での読者行動を分析し、自社物件買取サービスと相性がよくない利用者には率先して他社サービスを進める対策

 

コンサルティングのポイント

・自社物件買取サービスのニーズに沿った利用者のみを、効率的に誘導できるようになり、物件買取サービスの運営側にも利用者側にもポジティブな施策へ

・自社の物件買取における特徴や強みが明確になったことで、記事コンテンツを軸にサイトの検索経由の集客効果もアップ

・物件買取関係におけるニーズと自社サービスがマッチする利用者のみ集客することで、お問合せ等の余分な業務削減に貢献

Author
作成者
株式会社Curiver
株式会社Curiver

栃木県のデジタルマーケティング会社です。Web戦略の設計段階からクリエイティブの企画・制作、マーケティング施策の実行・改善まで、零細・中小企業におけるWeb関連業務を一貫して代行します。

Supervisor
監修者
柄木田 裕哉
柄木田 裕哉

株式会社Curiver代表取締役。1996年、栃木県さくら市出身。新卒で独立し、Webサイト・記事制作、SEO対策、Webマーケティングの受託とWebメディアを運営。現在はマーケティングプロジェクトの統括や制作ディレクションを担当。

Other case
他の事例