弁護士事務所のコンテンツマーケティング事例 被害者のニーズを基に弁護士活用のメリットを訴求

ホーム 事例紹介 コンテンツマーケティング代行事例 弁護士事務所のコンテンツマーケティング事例 被害者のニーズを基に弁護士活用のメリットを訴求
a
弁護士事務所のコンテンツマーケティング事例 被害者のニーズを基に弁護士活用のメリットを訴求

弁護士事務所のコンテンツマーケティング事例におけるポイント

・弁護士事務所を活用することで、解決できる事例を記事コンテンツとして公開

・弁護士事務所活用のメリットをリアルな事例を交え訴求したことで、お問い合わせ増加へ

・事例コンテンツの制作業務を外注したことで、集客業務を効率化

 

コンテンツマーケティング事例の概要

事業弁護士事務所
対象BtoC
費用30万円〜
区分現状分析・課題調査 / 施策立案・制作企画 / 施策支援・制作実行
目的上位表示・アクセスアップ / お問い合わせ増加 / 見込み客獲得(リードジェネレーション) / 見込み客育成(リードナーチャリング) / EAT(専門性・権威性・信頼性)向上 / ブランディング・認知度向上 / 業務削減・効率化
内容ディレクション / ライティング / データ分析 / SEO対策

 

コンテンツマーケティング前の課題

・泣き寝入りしてしまうケースの多い詐欺被害者を減らしつつ、依頼につながるようにWebサイトを活用した施策を打ちたい

・過去に対応したケースと同じような被害者がいるはずだが、事務所側からはアプローチが難しいのでインバウンドで集客したい

・本業に弁護士の業務に注力するため、コンテンツマーケティング業務は専門家に任せたい

 

コンテンツマーケティング事例の施策内容

・弁護士事務所としておこなった過去の事例や検索キーワードから類似事例のデータを収集

・検索キーワードからターゲットのニーズを抽出し、弁護士が対応できることを事例コンテンツとして公開

・弁護士を活用方法やメリットを紹介し、泣き寝入りせずに済むことを記事コンテンツで伝える対策

 

コンテンツマーケティング後の成果

・コンテンツの増加で被害者からのお問合せを受け付けられる基盤を構築

・アクセス数の増加に伴い、事例と類似の被害者からのお問い合わせも増加

・記事コンテンツで事例を紹介することで、同じような悩みやケースを抱える読者を獲得

 

ご利用いただいたサービス

コンテンツマーケティング運用代行サービス