Case

転職支援会社のSEO対策事例 過去記事の分析や課題抽出から記事制作まで一任

ホーム 事例 SEO対策事例 転職支援会社のSEO対策事例 過去記事の分析や課題抽出から記事制作まで一任
転職支援会社のSEO対策事例 過去記事の分析や課題抽出から記事制作まで一任

事例概要

事業転職支援
対象BtoB/BtoC
媒体コーポレートサイトト
費用30〜50万円/月
目的
認知拡大・検索上位表示/集客チャネル拡充・アクセスアップ/業務削減・効率化
内容
サイト階層構造分析/検索状況・キーワード分析/コンテンツSEO分析/競合分析/キーワード選定/コンテンツ企画/コンテンツSEO施策

 

施策前の課題

・記事によっては検索経由で集客でき初めているが、サイト全体のSEO対策を進めweb集客の基盤をより固めていきたい

・見込み客における転職関連のニーズを洗い出した上で、上位表示につながるSEO記事を制作したい

・今後コンテンツマーケティングを進める上で、過去に掲載した記事の見直しやリライトの代行作業も依頼したい

 

施策内容

・過去の掲載記事と競合記事の比較によって現状の成約率が低い理由を分析した上で、今後のコンテンツマーケティング施策を踏まえSEO戦略を企画

・キーワード分析ツールで転職に関する検索キーワードと見込み客のニーズを抽出し、ニーズを基に沿ったSEO記事を制作

・お問い合わせや資料請求等のコンバージョン向上に向けて、主要なニーズごとにカテゴリを分類し、それぞれの記事の役割を明確化

 

施策のポイント

・過去に掲載した記事と競合のサービス紹介文や競合記事コンテンツを比較し、自社の転職支援サービスにおける成約が低い理由を分析

・過去にライティングした転職関連の記事をリライトしつつ課題を抽出し、SEO対策と新規コンテンツ制作へ活用

・転職支援サービスサイトにおけるSEO対策の基盤が構築でき、今後のコンテンツマーケティング施策にも有用な状態へ

Author
作成者
Picture of 株式会社Curiver
株式会社Curiver

栃木県のデジタルマーケティング会社です。Web戦略の設計段階からクリエイティブの企画・制作、マーケティング施策の実行・改善まで、零細・中小企業におけるWeb関連業務を一貫して代行します。

Supervisor
監修者
Picture of 柄木田 裕哉
柄木田 裕哉

株式会社Curiver代表取締役。1996年、栃木県さくら市出身。新卒で独立し、Webサイト・記事制作、SEO対策、Webマーケティングの受託とWebメディアを運営。現在はマーケティングプロジェクトの統括や制作ディレクションを担当。

Other case
他の事例