Case

医療サイトのSEO記事制作事例 公的資料を活用し正しい医療情報発信

ホーム 事例 SEO記事制作事例 医療サイトのSEO記事制作事例 公的資料を活用し正しい医療情報発信
医療サイトのSEO記事制作事例 公的資料を活用し正しい医療情情報発信

事例概要

事業 医療情報サイト
対象BtoC
用途オウンドメディア
費用30〜50万円/月
目的
認知拡大・検索上位表示/集客チャネル拡充・アクセスアップ
内容
見出し・構成案作成/SEOライティング/校正・校閲・コピペチェック

 

制作前の課題

・医療情報サイトを運営しているが既存記事の検索順位が下がってきており、EATの低さが原因と感じているためEATを保てるようなSEO記事を制作したい

・オウンドメディア上で今よりも幅広い医療情報を扱いたいが、医療は規制が厳しいので足踏みしているので、その点の対策についてもサポートしてほしい

・今後記事コンテンツとして扱いたい医療情報やデータをピックアップしてあるので、参考にしながら進めてもらいたい

 

制作内容

・ピックアップした医療データの出典もとを公的機関から公表されている資料と照らし合わせ、データの整合性を確認する

・公的資料からの引用とオリジナルで制作したコンテンツを明確に記載し、読者に誤解を与えないような構成案でSEO記事を企画

・医療情報の整合性を重視するため、不明確なデータや検索から規制を受ける可能性のあるデータは切り捨て、ユーザーファーストを意識しSEO記事を制作

 

制作のポイント

・公的な資料を活用したことでEATを意識し、読者に誤解を与えず検索エンジンからも評価されるような記事内容で公開

・検索エンジンからペナルティを受けることないよう、入念なリサーチを踏まえ公的なデータ・資料を参考にしたSEO記事を制作

・不明確な医療情報や曖昧なデータ、規制を受ける可能性のあるデータは切り捨てるようにし、公的資料の引用元とオリジナルコンテンツを明確に区別

Author
作成者
株式会社Curiver
株式会社Curiver

栃木県のデジタルマーケティング会社です。Web戦略の設計段階からクリエイティブの企画・制作、マーケティング施策の実行・改善まで、零細・中小企業におけるWeb関連業務を一貫して代行します。

Supervisor
監修者
柄木田 裕哉
柄木田 裕哉

株式会社Curiver代表取締役。1996年、栃木県さくら市出身。新卒で独立し、Webサイト・記事制作、SEO対策、Webマーケティングの受託とWebメディアを運営。現在はマーケティングプロジェクトの統括や制作ディレクションを担当。

Other case
他の事例