Case

コンサル会社のSEO対策事例 リライトと取材データ活用のコンテンツSEO

ホーム 事例 SEO対策事例 コンサル会社のSEO対策事例 リライトと取材データ活用のコンテンツSEO
コンサル会社のSEO対策事例 リライトと取材データ活用のコンテンツSEO

事例概要

事業コンサルティング
対象BtoB
媒体コーポレートサイト
費用30〜50万円/月
目的認知拡大・検索上位表示/集客チャネル拡充・アクセスアップ/業務削減・効率化
内容サイト階層構造分析/検索状況・キーワード分析/コンテンツSEO分析/競合分析/ターゲット・ペルソナ作成/キーワード選定/コンテンツ企画/コンテンツSEO施策/レポート作成

施策前の課題

・コンサルティングサービス関係の取材データを収集してあるものの活用できずにいるので、SEO対策に有用な方法でデータを活用していきたい

・サイトの集客に有効な記事コンテンツとして取材データを活用したいが、SEO記事を作成するリソースがなく、具体的な制作方法がわからない

・オウンドメディアで一定数のアクセスはあるが、当プロジェクトによって継続的にサイトへの集客効果を得られるよう、記事の改善やSEOを加味したコンテンツ制作を外注したい

施策内容

・直近の集客効果向上に加え、今後のコンテンツマーケティング施策によるお問い合わせや商談につながるになるように、最終的なコンバージョンも意識し導線を加味しコンテンツを企画

・見込み客の集客に向け、過去に実施したコンサルティングにおける取材データを活用し、記事の滞在が伸びるようにストーリー性を持たせて制作

・ターゲティングしているコンサルティング関係の検索キーワードを記事へ追加し、タイトルやディスクリプションなど各種タグを改善し、既存のコンテンツをリライト

施策のポイント

・蓄積されていたコンサルティング関連の取材データを記事コンテンツ制作へ流用し、コンテンツSEO施策とサイトの集客媒体として活用

・取材データのコンテンツ化により、検索流入動線や他の記事へアクセスする起点となり、サイト全体のPV向上や滞在時間アップに貢献

・SEO視点でのリライトによりコンサルティング関係のキーワードで上位表示を実現し、複数のキーワードで流入経路を確保し、サイトへのアクセスの導線増加

Author
作成者
株式会社Curiver
株式会社Curiver

栃木県のデジタルマーケティング会社です。Web戦略の設計段階からクリエイティブの企画・制作、マーケティング施策の実行・改善まで、零細・中小企業におけるWeb関連業務を一貫して代行します。

Supervisor
監修者
柄木田 裕哉
柄木田 裕哉

株式会社Curiver代表取締役。1996年、栃木県さくら市出身。新卒で独立し、Webサイト・記事制作、SEO対策、Webマーケティングの受託とWebメディアを運営。現在はマーケティングプロジェクトの統括や制作ディレクションを担当。

Other case
他の事例