Case

eスポーツチームのブランディング動画制作事例 ブランドイメージを訴求

ホーム 事例 映像・動画制作事例 eスポーツチームのブランディング動画制作事例 ブランドイメージを訴求
eスポーツチームのブランディング動画制作事例 ブランドイメージを訴求

 

事例概要

事業eスポーツ事業
対象
媒体コーポレートサイト/SNS/デジタルサイネージ/広告・CM
費用20〜40万円
目的認知拡大・検索上位表示/ブランディング・イメージアップ
内容企画/構成/編集/MA・整音/アニメーション

 

制作のポイント

・チームのスローガンや特色をタイポグラフィで表示させ、実際のアクションゲームやシューティングゲームのようにスピーディーに展開し、クールな映像に仕上げる

・BGMには低音を強めに調整したトラップミュージックを使用することで、チームのパワフルさやアグレッシブさを表現したブランディング動画に構成

・各SNS媒体でのアルゴリズムを意識し、映像全体を通して素早い展開にすることで離脱率を下げ視聴時間を伸ばし、視聴されやすいように工夫し制作

Author
作成者
株式会社Curiver
株式会社Curiver

栃木県のデジタルマーケティング会社です。Web戦略の設計段階からクリエイティブの企画・制作、マーケティング施策の実行・改善まで、零細・中小企業におけるWeb関連業務を一貫して代行します。

Supervisor
監修者
柄木田 裕哉
柄木田 裕哉

株式会社Curiver代表取締役。1996年、栃木県さくら市出身。新卒で独立し、Webサイト・記事制作、SEO対策、Webマーケティングの受託とWebメディアを運営。現在はマーケティングプロジェクトの統括や制作ディレクションを担当。

Other case
他の事例