Case

コスメメディアの記事制作事例 見込み客の悩みを基にコンテンツ作成

ホーム 事例 記事制作事例 コスメメディアの記事制作事例 見込み客の悩みを基にコンテンツ作成
コスメメディアの記事制作事例 見込み客の悩みを基にコンテンツ作成

事例概要

事業男性向け美容品の販売/コスメメディア運営
対象BtoB/BtoC
媒体オウンドメディア
費用20〜40万円
目的
集客チャネル拡充・アクセスアップ
内容
4P・4C分析/ニーズ・競合調査/訴求ポイント・CTA策定/見出し・構成案作成/ライティング/校正・校閲

 

制作前の課題

・事前に収集した男性購入者の美容に関する悩みや購入経緯などに関するデータを、記事制作に有効活用しサイトのコンテンツを拡充したい

・同じような男性向けのコスメを販売をしている競合サイトで扱っている商品との違いを具体化し、客観的な視点で情報を公開したい

・大まかなコンテンツマーケティング戦略は策定できているので、記事制作部分を外注し最終的には購入やお問い合わせにつながるようにしていきたい

 

制作内容

・ご共有いただいたデータに加え分析ツールやQ&Aサイトを参考にし、男性見込み客における検索ニーズや課題感を分析

・自社で扱うコスメの特徴や魅力を訴求するのではなく、4P・4C分析をもとに購入者にとってどのようなメリットや効果が期待できるのか、といった消費者視点でコンテンツを企画

・男性見込み客の美容に関する課題感や悩みに寄り添えるコンテンツになるよう文体を調整し、適宜記事内にCTAを設けながら制作

 

制作のポイント

・男性見込み客における美容関連の課題感や悩みに寄り添うようにコラム型の美容関連のコンテンツを企画しイメージアップ

・分析ツールから美容やコスメ関連のキーワード抽出やQ&Aサイトからの課題抽出を基にして、男性見込み客に向けたコンテンツ発信

・ご共有いただいたデータと収集したデータを基に、他社の扱うコスメとの差別化ポイントを明確化し、読者ファーストな記事コンテンツを作成し、読者の興味を惹きつけられ滞在時間アップや離脱率低下

Author
作成者
Picture of 株式会社Curiver
株式会社Curiver

栃木県のデジタルマーケティング会社です。Web戦略の設計段階からクリエイティブの企画・制作、マーケティング施策の実行・改善まで、零細・中小企業におけるWeb関連業務を一貫して代行します。

Supervisor
監修者
Picture of 柄木田 裕哉
柄木田 裕哉

株式会社Curiver代表取締役。1996年、栃木県さくら市出身。新卒で独立し、Webサイト・記事制作、SEO対策、Webマーケティングの受託とWebメディアを運営。現在はマーケティングプロジェクトの統括や制作ディレクションを担当。

Other case
他の事例