Contents

ローカルSEO対策とは?種類やMEO・SEO対策との違い

ホーム コンテンツ ローカルSEO対策とは?種類やMEO・SEO対策との違い
ローカルSEO対策とは?種類やMEO・SEO対策との違い
メニュー

「地域名+キーワード」のように検索エンジンで検索した際、検索結果の上位に企業・店舗・施設などの情報を表示させるための施策を「ローカルSEO対策」といいます。

ローカルSEO対策は、次のような場合に適したWebを活用した集客・マーケティングの方法です。

  • 「飲食店や商業施設、美容室など近隣の住民を対象とした店舗を運営している。」
  • 「主に近隣に住んでいる見込み客に向けて、店舗情報をアピールしたい。」
  • 「地域キーワード(栃木・宇都宮など)で検索するユーザーを集客したい。」
  • 「地域に根付いた地場産業を営んでおり、商品やサービスを知ってほしい。」

 本記事では上記のようにお考えの店舗様や企業様をはじめ、営業やマーケティング、広報などのご担当者様に向けて、実際にローカルSEO対策できる方法を画像付きで解説していきます。

また比較されるケースの多いMEO対策やSEO対策との違い、Googleビジネスプロフィールを活用したローカルSEO対策の基本的な方法から、より効果を高めるための応用的な方法まで解説していきます。

 

 

ローカルSEO対策とは?事例解説

ローカルSEO対策とは、検索エンジンやマップ(地図)サイトにおいて「地域名+キーワード」で検索した際、検索結果画面の上位に情報を表示させるための対策です。

主に上位表示させるのは、企業・店舗・施設の名称や所在地、電話番号など、検索したユーザーが知りたい、そのビジネスの基本的な情報です。

ローカルSEO対策の主な対象となる検索エンジンは「Google」マップ(地図)サイトは「Googleマップ」を指すケースが一般的で、ローカルSEOとも呼ばれています。

またローカルSEOは、地域の情報や訪れた場所の情報を検索する際の上位表示に向けた対策なので、基本的に検索キーワードには、「栃木」「宇都宮」など、場所や立地を示す地域キーワードが含まれます。

そして地域キーワードの前後には、「居酒屋」「美容室」「ラーメン屋」など、目的とする店舗や施設を入力し検索するケースが一般的です。 

例えば、宇都宮を訪れた際に名物の餃子を提供している飲食店を探したい場合、一般的には「宇都宮 餃子」のキーワードなどで検索するでしょう。

次の画像は、「宇都宮 餃子」のキーワードで検索した際の検索画面です。

ローカルSEO対策とは?上位表示の事例を基に解説

 ローカルSEO対策を進めると、こうした地域キーワードで検索したユーザーや見込み客に、店舗・施設名や企業情報などを知ってもらうことが可能です。 

 

検索エンジン「Google」におけるローカルSEO対策

実際に下記の画像が検索エンジン「Google」を使い、特定のキーワードを入力し検索した際の画面です。

検索エンジン「Google」におけるローカルSEO対策

上記のように「さくら市 マーケティング」のキーワードで検索すると、弊社の情報が検索画面の上位に表示されています。

このように特定のキーワードで検索した際に、自社の情報が検索結果の上位に表示させるための対策が、検索エンジン「Google」におけるローカルSEO対策です。

 

マップ(地図)サイト「Googleマップ」におけるローカルSEO対策

こちらはマップ(地図)サイト「Googleマップ」を使い、特定のキーワードを入力し検索した際の画面です。 

マップ(地図)サイト「Googleマップ」におけるローカルSEO対策

 上記のように「さくら市 マーケティング」のキーワードで検索すると、弊社の情報が検索画面の上位に表示され、弊社の位置情報も地図上に表示されています。

このように特定のキーワードで検索した際に、自社の情報が検索結果と地図上に位置情報を表示させるための対策が、マップ(地図)サイト「Googleマップ」におけるローカルSEO対策です。

 

 

ローカルSEOとSEO・MEOの違い

ローカルSEO対策 SEO対策 MEO対策 違い

ローカルSEO対策と似ているマーケティングやWeb集客に関する用語として、SEO対策やMEO対策が挙げられます。

ローカルSEO対策を進める際には、SEO対策やMEO対策との違いについても押さえておきましょう。 

 

SEO対策とローカルSEO対策の違いとは?

SEO対策とは検索エンジン最適化を意味し、WebサイトやWebページを検索結果の上位に表示させるための対策です。

またSEO対策は、検索エンジンからWebサイトやWebページへの集客力アップや認知度向上を主な目的とします。

そのためローカルSEO対策は主に地域キーワードを対策し店舗や施設情報を上位表示させるのに対して、SEO対策は地域キーワード以外のキーワード対策が含まれWebサイトやWebページが上位表示の対策における対象です。

よってSEO対策とローカルSEO対策の主な違いは、対象となるキーワードと上位表示させる対象が異なる点です。

主な対象キーワード

  • ローカルSEO対策:地域キーワード(栃木・宇都宮など)
  • SEO対策:地域キーワードを含むキーワード

上位表示させる主な対象

  • ローカルSEO対策:店舗や施設情報
  • SEO対策:WebサイトやWebページ

またSEO対策は多くの企業が取り組んでいるWeb集客やマーケティングや施策のため、ローカルSEO対策に比べ競合の有無や商品やサービスによって、多くの手間と時間がかかります。

一方、SEO対策と比べるとローカルSEO対策は比較的、手間と時間をかけずに対策でき、効率的に上位表示できる傾向にあります。

そのためこれからWeb集客やマーケティング施策を始める場合、ローカルSEO対策は最初に取り組んでおくべき対策の1つです。

SEO対策の詳細は「SEO対策の基本 施策の種類・上位表示の事例・検索順位決定の仕組み」をご覧ください。

 

MEO対策とローカルSEO対策の違いとは?

MEO対策とはマップエンジン最適化を意味し、地域キーワードの検索で上位に表示させるための対策です。

またMEO対策は主に日本で用いられる用語なのに対し、ローカルSEO対策は主に海外で用いられている用語です。

  • ローカルSEO対策:海外での呼び名
  • MEO対策:日本での呼び名

そのためMEO対策とローカルSEO対策の内容は基本的に同じですが、日本と海外では呼び名が異なる点を押さえておきましょう。

また最近では動画コンテンツを活用したSEO対策の1つである「VSEO対策(動画コンテンツの検索エンジン最適)」が注目されています。 

VSEO対策の詳細は「VSEO対策とは?SEO対策との違いや動画コンテンツの上位表示方法」をご覧ください。

 

 

ローカルSEO対策はなぜ必要?

ローカルSEO対策は、主に店舗系のビジネスを展開する企業が、集客力アップや認知度アップを実現するために必要な対策の1つです。

最近では多くの人がスマートフォンを持ち歩いて外出するようになり、検索によって特定の地域や訪れた場所の情報を手軽に入手できるようになっています。

それに伴いローカルSEO対策をはじめとし、検索エンジンを活用したWeb集客に力を入れる企業も多くなっています。

その中でもローカルSEO対策は、店舗や施設の運営者が現地を訪れた人々や訪れることを予定している人に対する、集客力アップや認知度アップを考える際に大きな手助けとなってくれます。

また飲食店をはじめ商業施設、レジャー施設など主に近隣の住民や現地にいる人を対象とした事業を運営している場合には、特に重要性が高いWebを使った集客力や認知度アップに向けた対策の1つです。

その他にも、近隣に住んでいる見込み客に向けて商品やサービスをアピールしたい場合や、地域キーワード(栃木・宇都宮など)で検索するユーザーを集客したい場合に、ローカルSEO対策は必要性の高い施策です。

 

ローカルSEO対策が有効なビジネスの種類

ローカルSEO対策 ビジネス 種類

ローカルSEO対策はどのようなビジネスを運営している場合でも、高い効果を得られるわけではありません。

一般的な企業でもローカルSEO対策によるさまざまな効果を得られますが、特にローカルSEO対策の効果を得られるのは、次のような店舗や施設を運営している場合です。

  • 飲食店:カフェ・喫茶店、食堂、レストラン、居酒屋、バー、ファストフード…など
  • 商業施設:ショッピングモール、駅ビル、百貨店、デパート、量販店、スーパーマーケット…など
  • 医療施設:病院、耳鼻科、内科、歯科、眼科、整骨院・接骨院…など
  • 教育施設:学校、体育館、文化館、公民館、カルチャーセンター、学習塾…など
  • レジャー施設:映画館、遊園地、カラオケ、ホテル…など
  • 美容関係:エステサロン、マッサージ、理容・美容室など
  • 士業:税理士、弁護士、司法書士、行政書士、社会保険労務士…など
  • 地域密着型の店舗・施設:青果店・八百屋、鮮魚店、精肉店、ガソリンスタンド、駐車場、スポーツジム、クリーニング店、水道トラブル、電気トラブル、鍵トラブル…など

 上記のように、主なユーザーや見込み客が地域の住民を対象としている店舗やビジネスを展開している場合に、ローカルSEO対策は効果的な方法です。

 

 

ローカルSEO対策の種類とは?

ローカルSEO対策 ナレッジパック ローカルパック

ローカルSEO対策には主に「ローカルパック」「ナレッジパック」の2種類が挙げられます。

ローカルSEO対策を進める際には、それぞれの特徴と違いについて押さえておきましょう。

 

ローカルSEO対策におけるローカルパックとは?

検索エンジンで検索した際、検索結果の上部に店舗や施設情報を表示させるための対策が、ローカルSEO対策におけるローカルパックです。

またスタンダードなローカルパックでは、「地域名+キーワード」で検索した際、主に次の店舗や施設情報が表示されます。

  • 店舗や施設の名称
  • 業種(レストラン、中華、ラーメン、蕎麦屋、寿司、ダイナー、和食店、懐石料理店など)
  • 特徴(安価、高級、家族向き、お手頃など)
  • 住所
  • 電話番号
  • 営業時間
  • スター評価と口コミ数
  • ウェブサイトや予約サイトへのリンク
  • 経路案内(ルート)

下記の画像は「宇都宮 餃子」のキーワードで検索したローカルパックの例です。

ローカルSEO対策とは?上位表示の事例を基に解説

※冒頭でご紹介した「宇都宮 餃子」の事例と同じ画像です。

 またローカルパックには主に4つの種類があり、上記の画像が1種類目に該当するスタンダードなローカルパックです。

次が主なローカルパックの種類です。

  • ローカルパック(スタンダード)
  • ローカルABCパック
  • ローカルスナックパック
  • ローカルファインダー

 

ローカルABCパック

ローカルABCパックでは、スタンダードなローカルパックと同様に「地域名+キーワード」で検索した際、マップ上に「A・B・C」のいずれかと「店舗や施設名」、「店舗・施設の概要」が表示されます。

以下がローカルABCパックで表示される主な情報です。

  • 店舗や施設の名称
  • 業種(ガソリンスタンド、コンビニ、駐車場など)
  • 住所
  • 電話番号
  • 営業時間
  • ウェブサイトへのリンク
  • ルート(経路案内) 

下記の画像は「宇都宮 駐車場」のキーワードで検索したローカルABCパックの例です。

ローカルABCパック

 ローカルABCパックではガソリンスタンドやコンビニ、駐車場などのように、特に緊急性の高い検索ニーズに答えるための情報が表示される点が特徴です。

 

ローカルスナックパック

ローカルスナックパックは「地域名+キーワード」で検索した際、写真付きで「店舗や施設名」「店舗・施設の概要」が表示されます。 

以下がローカルスナックパックで表示される主な情報です。

  • 施設の名称
  • 特徴(宇都宮動物園の場合:アフリカの哺乳動物、遊園地エリア)
  • 住所(都道府県と市区町村までの情報:栃木県宇都宮市)
  • 営業時間
  • スター評価と口コミ数

 また電話番号やウェブサイトや業種が表示されない点が、ローカルスナックパックの特徴です。

主にローカルスナックパックでは博物館や動物園、美術館といった施設が対象となり、来場を検討している方が現地に行く前に、施設の雰囲気やイメージをつかみたい場合に表示されるケースが一般的です。 

下記の画像は「動物園 宇都宮」のキーワードで検索したローカルスナックパックの例です。

ローカルスナックパック

 

ローカルファインダー

ローカルファインダーは、スタンダードなローカルパックの画面で「すべて表示」をクリックした際に表示される一覧情報のことです。 

ローカルファインダーで表示される情報は、次のようにスタンダードなローカルパックと同様です。

  • 店舗や施設の名称
  • 業種(レストラン、中華、ラーメン、蕎麦屋、寿司、ダイナー、和食店、懐石料理店など)
  • 特徴(安価、高級、家族向き、お手頃など)
  • 住所
  • 電話番号
  • 営業時間
  • スター評価と口コミ数
  • ウェブサイトや予約サイトへのリンク
  • ルート(経路案内)

 下記の画像は「宇都宮 寿司」のキーワードで検索したローカルファインダーの例です。

ローカルファインダー

 また上記の画像のように、一覧情報の中に「他の場所を探す」の欄が表示されるケースもあります。

 

ローカルSEO対策におけるナレッジパックとは?

検索エンジンで検索した際、検索結果の右側に企業や店舗、施設情報を表示させるための対策が、ローカルSEO対策におけるナレッジパックです。

下記の画像は「Curiver」のキーワードで検索したナレッジパックの例です。

ローカルSEO対策におけるナレッジパックとは?

 上記でご紹介したローカルパックとは異なり、ナレッジパックでは一般的に地域キーワードを含まない点が特徴です。

しかし次のように地域キーワードを入力した場合でも、ナレッジパネルが表示されるケースもあります。

ローカルSEO対策におけるナレッジパックとは?地域キーワード

 ローカルSEO対策によってナレッジパネルを表示させれば、検索ユーザーが該当の企業や店舗、施設における基本的な情報を手軽に確認できます。

またナレッジパックには、次のような情報が表示されます。

  • 企業や店舗、施設の名称
  • 業種と特徴(弊社の場合:さくら市のインターネット マーケティング業)
  • 所在地
  • 電話番号(弊社の場合:非表示)
  • 営業時間
  • 健康、安全(マスクの着用や検温などの情報)
  • スター評価と口コミ数
  • ウェブサイトや予約サイトへのリンク
  • 予約やお問い合わせ先のリンク
  • 質問と回答
  • 経路案内
  • 説明文(オーナーが独自に記載可能)
  • 投稿(お知らせやクーポン、ブログの更新状況、イベントなどの情報)

 ナレッジパックはローカルSEO対策の中でも、「健康、安全」「予約やお問い合わせ先のリンク」「質問と回答」「説明文」「投稿」など、検索ユーザーや見込み客へ表示できる情報が多い点が特徴です。

そのためナレッジパックの活用方法によっては、見込み客の獲得やお問合せ数の増加など多くのメリットがあります。 

ローカルSEO対策をはじめ、サイトのSEO対策や集客の外注をご検討の場合は、株式会社Curiverへお気軽にお問い合わせください。

Q&A

地域名+キーワード」のように検索エンジンで検索した際、検索結果の上位に表示させるための施策。また次のような場合に適しています。

  • 「飲食店や商業施設、美容室など近隣の住民を対象とした店舗を運営している。」
  • 「主に近隣に住んでいる見込み客に向けて、店舗情報をアピールしたい。」
  • 「地域キーワード(栃木・宇都宮など)で検索するユーザーを集客したい。」
  • 「地域に根付いた地場産業を営んでおり、商品やサービスを知ってほしい。」

検索エンジンは「Google」、マップ(地図)サイトは「Googleマップ」を指すケースが一般的です。

基本的な対策は「Googleビジネスプロフィール」から登録して実施します。

対象となるキーワードと上位表示させる対象が異なります。

主な対象キーワードは次の通りです。

  • ローカルSEO対策:地域キーワード(栃木・宇都宮など)
  • SEO対策:地域キーワードを含むキーワード

上位表示させる主な対象は次の通りです。

  • ローカルSEO対策:店舗や施設情報
  • SEO対策:WebサイトやWebページ

日本と海外で呼び名が異なります。海外では「ローカルSEO対策」、日本では「MEO対策」と呼ばれるケースが一般的です。

  • 飲食店:カフェ・喫茶店、食堂、レストラン、居酒屋、バー、ファストフード…など
  • 商業施設:ショッピングモール、駅ビル、百貨店、デパート、量販店、スーパーマーケット…など
  • 医療施設:病院、耳鼻科、内科、歯科、眼科、整骨院・接骨院…など
  • 教育施設:学校、体育館、文化館、公民館、カルチャーセンター、学習塾…など
  • レジャー施設:映画館、遊園地、カラオケ、ホテル…など
  • 美容関係:エステサロン、マッサージ、理容・美容室など
  • 士業:税理士、弁護士、司法書士、行政書士、社会保険労務士…など
  • 地域密着型の店舗・施設:青果店・八百屋、鮮魚店、精肉店、ガソリンスタンド、駐車場、スポーツジム、クリーニング店、水道トラブル、電気トラブル、鍵トラブル…など

「ローカルパック」「ナレッジパック」の2種類です。ローカルパックには、スタンダートなもの以外に、ローカルABCパック、ローカルスナックパック、ローカルファインダーがあります。

Author
著者
株式会社Curiver
株式会社Curiver

栃木県のデジタルマーケティング会社です。Web戦略の設計段階からクリエイティブの企画・制作、マーケティング施策の実行・改善まで、零細・中小企業におけるWeb関連業務を一貫して代行します。

Supervisor
監修者
柄木田 裕哉
柄木田 裕哉

株式会社Curiver代表取締役。1996年、栃木県さくら市出身。新卒で独立し、Webサイト・記事制作、SEO対策、Webマーケティングの受託とWebメディア運営を開始。現在は主にマーケティングプロジェクトの統括や制作のディレクションを担当しています。

Other contents
他のコンテンツ