ローカルSEO対策とは?MEOやSEOとの違い、対策方法や順位決定の仕組み【解説画像有】

ホーム コンテンツ ローカルSEO対策とは?MEOやSEOとの違い、対策方法や順位決定の仕組み【解説画像有】
a
ローカルSEO対策とは?MEOやSEOとの違い、対策方法や順位決定の仕組み【解説画像有】
目次

「地域名+キーワード」のように検索エンジンで検索した際、検索結果の上位に企業・店舗・施設などの情報を表示させるための施策を「ローカルSEO対策」といいます。

ローカルSEO対策は、次のような場合に適したWebを活用した集客・マーケティングの方法です。

  • 「飲食店や商業施設、美容室など近隣の住民を対象とした店舗を運営している。」
  • 「主に近隣に住んでいる見込み客に向けて、店舗情報をアピールしたい。」
  • 「地域キーワード(栃木・宇都宮など)で検索するユーザーを集客したい。」
  • 「地域に根付いた地場産業を営んでおり、商品やサービスを知ってほしい。」

 本記事では上記のようにお考えの店舗様や企業様をはじめ、営業やマーケティング、広報などのご担当者様に向けて、実際にローカルSEO対策できる方法を画像付きで解説していきます。

また比較されるケースの多いMEO対策やSEO対策との違い、Googleビジネスプロフィールを活用したローカルSEO対策の基本的な方法から、より効果を高めるための応用的な方法まで解説していきます。

ローカルSEO対策とは?上位表示の事例を基に解説


ローカルSEO対策とは、検索エンジンやマップ(地図)サイトにおいて「地域名+キーワード」で検索した際、検索結果画面の上位に情報を表示させるための対策です。

主に上位表示させるのは、企業・店舗・施設の名称や所在地、電話番号など、検索したユーザーが知りたい、そのビジネスの基本的な情報です。

ローカルSEO対策の主な対象となる検索エンジンは「Google」マップ(地図)サイトは「Googleマップ」を指すケースが一般的で、ローカルSEOとも呼ばれています。

またローカルSEOは、地域の情報や訪れた場所の情報を検索する際の上位表示に向けた対策なので、基本的に検索キーワードには、「栃木」「宇都宮」など、場所や立地を示す地域キーワードが含まれます。

そして地域キーワードの前後には、「居酒屋」「美容室」「ラーメン屋」など、目的とする店舗や施設を入力し検索するケースが一般的です。 

例えば、宇都宮を訪れた際に名物の餃子を提供している飲食店を探したい場合、一般的には「宇都宮 餃子」のキーワードなどで検索するでしょう。

次の画像は、「宇都宮 餃子」のキーワードで検索した際の検索画面です。

ローカルSEO対策とは?上位表示の事例を基に解説

 ローカルSEO対策を進めると、こうした地域キーワードで検索したユーザーや見込み客に、店舗・施設名や企業情報などを知ってもらうことが可能です。 

検索エンジン「Google」におけるローカルSEO対策


実際に下記の画像が検索エンジン「Google」を使い、特定のキーワードを入力し検索した際の画面です。

検索エンジン「Google」におけるローカルSEO対策

上記のように「さくら市 マーケティング」のキーワードで検索すると、弊社の情報が検索画面の上位に表示されています。

このように特定のキーワードで検索した際に、自社の情報が検索結果の上位に表示させるための対策が、検索エンジン「Google」におけるローカルSEO対策です。

マップ(地図)サイト「Googleマップ」におけるローカルSEO対策


こちらはマップ(地図)サイト「Googleマップ」を使い、特定のキーワードを入力し検索した際の画面です。 

マップ(地図)サイト「Googleマップ」におけるローカルSEO対策

 上記のように「さくら市 マーケティング」のキーワードで検索すると、弊社の情報が検索画面の上位に表示され、弊社の位置情報も地図上に表示されています。

このように特定のキーワードで検索した際に、自社の情報が検索結果と地図上に位置情報を表示させるための対策が、マップ(地図)サイト「Googleマップ」におけるローカルSEO対策です。

ローカルSEO対策はSEO対策やMEO対策と何が違う?


ローカルSEO対策はSEO対策やMEO対策と何が違う?

ローカルSEO対策と似ているマーケティングやWeb集客に関する用語として、SEO対策やMEO対策が挙げられます。

ローカルSEO対策を進める際には、SEO対策やMEO対策との違いについても押さえておきましょう。 

SEO対策とローカルSEO対策の違いとは?


SEO対策とは検索エンジン最適化を意味し、WebサイトやWebページを検索結果の上位に表示させるための対策です。

またSEO対策は、検索エンジンからWebサイトやWebページへの集客力アップや認知度向上を主な目的とします。

そのためローカルSEO対策は主に地域キーワードを対策し店舗や施設情報を上位表示させるのに対して、SEO対策は地域キーワード以外のキーワード対策が含まれWebサイトやWebページが上位表示の対策における対象です。

よってSEO対策とローカルSEO対策の主な違いは、対象となるキーワードと上位表示させる対象が異なる点です。

主な対象キーワード

  • ローカルSEO対策の対象キーワード:地域キーワード(栃木・宇都宮など)
  • SEO対策の対象キーワード:地域キーワードを含むキーワード

上位表示させる主な対象

  • ローカルSEO対策で上位表示させる対象:店舗や施設情報
  • SEO対策で上位表示させる対象:WebサイトやWebページ

またSEO対策は多くの企業が取り組んでいるWeb集客やマーケティングや施策のため、ローカルSEO対策に比べ競合の有無や商品やサービスによって、多くの手間と時間がかかります。

一方、SEO対策と比べるとローカルSEO対策は比較的、手間と時間をかけずに対策でき、効率的に上位表示できる傾向にあります。

そのためこれからWeb集客やマーケティング施策を始める場合、ローカルSEO対策は最初に取り組んでおくべき対策の1つです。

SEO対策の詳細は「SEO対策とは?成功事例や上位表示の方法、検索エンジンの仕組みやメリット・デメリットを解説」をご覧ください。

MEO対策とローカルSEO対策の違いとは?


MEO対策とはマップエンジン最適化を意味し、地域キーワードの検索で上位に表示させるための対策です。

またMEO対策は主に日本で用いられる用語なのに対し、ローカルSEO対策は主に海外で用いられている用語です。

  • ローカルSEO対策:海外での呼び名
  • MEO対策:日本での呼び名

そのためMEO対策とローカルSEO対策の内容は基本的に同じですが、日本と海外では呼び名が異なる点を押さえておきましょう。

また最近では動画コンテンツを活用したSEO対策の1つである「VSEO対策(動画コンテンツの検索エンジン最適)」が注目されています。 

VSEO対策の詳細は「VSEO対策とは?動画コンテンツを上位表示させる方法やメリット・デメリット【解説画像付き】」をご覧ください。

ローカルSEO対策はなぜ必要?


ローカルSEO対策はなぜ必要?

ローカルSEO対策は、主に店舗系のビジネスを展開する企業が、集客力アップや認知度アップを実現するために必要な対策の1つです。

最近では多くの人がスマートフォンを持ち歩いて外出するようになり、検索によって特定の地域や訪れた場所の情報を手軽に入手できるようになっています。

それに伴いローカルSEO対策をはじめとし、検索エンジンを活用したWeb集客に力を入れる企業も多くなっています。

その中でもローカルSEO対策は、店舗や施設の運営者が現地を訪れた人々や訪れることを予定している人に対する、集客力アップや認知度アップを考える際に大きな手助けとなってくれます。

また飲食店をはじめ商業施設、レジャー施設など主に近隣の住民や現地にいる人を対象とした事業を運営している場合には、特に重要性が高いWebを使った集客力や認知度アップに向けた対策の1つです。

その他にも、近隣に住んでいる見込み客に向けて商品やサービスをアピールしたい場合や、地域キーワード(栃木・宇都宮など)で検索するユーザーを集客したい場合に、ローカルSEO対策は必要性の高い施策です。

ローカルSEO対策の効果を得られるビジネスの種類


ローカルSEO対策はどのようなビジネスを運営している場合でも、高い効果を得られるわけではありません。

一般的な企業でもローカルSEO対策によるさまざまな効果を得られますが、特にローカルSEO対策の効果を得られるのは、次のような店舗や施設を運営している場合です。

  • 飲食店:カフェ・喫茶店、食堂、レストラン、居酒屋、バー、ファストフード…など
  • 商業施設:ショッピングモール、駅ビル、百貨店、デパート、量販店、スーパーマーケット…など
  • 医療施設:病院、耳鼻科、内科、歯科、眼科、整骨院・接骨院…など
  • 教育施設:学校、体育館、文化館、公民館、カルチャーセンター、学習塾…など
  • レジャー施設:映画館、遊園地、カラオケ、ホテル…など
  • 美容関係:エステサロン、マッサージ、理容・美容室など
  • 士業:税理士、弁護士、司法書士、行政書士、社会保険労務士…など
  • 地域密着型の店舗・施設:青果店・八百屋、鮮魚店、精肉店、ガソリンスタンド、駐車場、スポーツジム、クリーニング店、水道トラブル、電気トラブル、鍵トラブル…など

 上記のように、主なユーザーや見込み客が地域の住民を対象としている店舗やビジネスを展開している場合に、ローカルSEO対策は効果的な方法です。

ローカルSEO対策の種類とは?ローカルパックとナレッジパック


ローカルSEO対策の種類とは?

ローカルSEO対策には主に「ローカルパック」「ナレッジパック」の2種類が挙げられます。

ローカルSEO対策を進める際には、それぞれの特徴と違いについて押さえておきましょう。

ローカルSEO対策におけるローカルパックとは?


検索エンジンで検索した際、検索結果の上部に店舗や施設情報を表示させるための対策が、ローカルSEO対策におけるローカルパックです。

またスタンダードなローカルパックでは、「地域名+キーワード」で検索した際、主に次の店舗や施設情報が表示されます。

  • 店舗や施設の名称
  • 業種(レストラン、中華、ラーメン、蕎麦屋、寿司、ダイナー、和食店、懐石料理店など)
  • 特徴(安価、高級、家族向き、お手頃など)
  • 住所
  • 電話番号
  • 営業時間
  • スター評価と口コミ数
  • ウェブサイトや予約サイトへのリンク
  • 経路案内(ルート)

 下記の画像は「宇都宮 餃子」のキーワードで検索したローカルパックの例です。

ローカルSEO対策とは?上位表示の事例を基に解説

※冒頭でご紹介した「宇都宮 餃子」の事例と同じ画像です。

 またローカルパックには主に4つの種類があり、上記の画像が1種類目に該当するスタンダードなローカルパックです。

次が主なローカルパックの種類です。

  • ローカルパック(スタンダード)
  • ローカルABCパック
  • ローカルスナックパック
  • ローカルファインダー

ローカルABCパック


ローカルABCパックでは、スタンダードなローカルパックと同様に「地域名+キーワード」で検索した際、マップ上に「A・B・C」のいずれかと「店舗や施設名」、「店舗・施設の概要」が表示されます。

以下がローカルABCパックで表示される主な情報です。

  • 店舗や施設の名称
  • 業種(ガソリンスタンド、コンビニ、駐車場など)
  • 住所
  • 電話番号
  • 営業時間
  • ウェブサイトへのリンク
  • ルート(経路案内) 

下記の画像は「宇都宮 駐車場」のキーワードで検索したローカルABCパックの例です。

ローカルABCパック

 ローカルABCパックではガソリンスタンドやコンビニ、駐車場などのように、特に緊急性の高い検索ニーズに答えるための情報が表示される点が特徴です。

ローカルスナックパック


ローカルスナックパックは「地域名+キーワード」で検索した際、写真付きで「店舗や施設名」「店舗・施設の概要」が表示されます。 

以下がローカルスナックパックで表示される主な情報です。

  • 施設の名称
  • 特徴(宇都宮動物園の場合:アフリカの哺乳動物、遊園地エリア)
  • 住所(都道府県と市区町村までの情報:栃木県宇都宮市)
  • 営業時間
  • スター評価と口コミ数

 また電話番号やウェブサイトや業種が表示されない点が、ローカルスナックパックの特徴です。

主にローカルスナックパックでは博物館や動物園、美術館といった施設が対象となり、来場を検討している方が現地に行く前に、施設の雰囲気やイメージをつかみたい場合に表示されるケースが一般的です。 

下記の画像は「動物園 宇都宮」のキーワードで検索したローカルスナックパックの例です。

ローカルスナックパック

ローカルファインダー


ローカルファインダーは、スタンダードなローカルパックの画面で「すべて表示」をクリックした際に表示される一覧情報のことです。 

ローカルファインダーで表示される情報は、次のようにスタンダードなローカルパックと同様です。

  • 店舗や施設の名称
  • 業種(レストラン、中華、ラーメン、蕎麦屋、寿司、ダイナー、和食店、懐石料理店など)
  • 特徴(安価、高級、家族向き、お手頃など)
  • 住所
  • 電話番号
  • 営業時間
  • スター評価と口コミ数
  • ウェブサイトや予約サイトへのリンク
  • ルート(経路案内)

 下記の画像は「宇都宮 寿司」のキーワードで検索したローカルファインダーの例です。

ローカルファインダー

 また上記の画像のように、一覧情報の中に「他の場所を探す」の欄が表示されるケースもあります。

ローカルSEO対策におけるナレッジパックとは?


検索エンジンで検索した際、検索結果の右側に企業や店舗、施設情報を表示させるための対策が、ローカルSEO対策におけるナレッジパックです。

下記の画像は「Curiver」のキーワードで検索したナレッジパックの例です。

ローカルSEO対策におけるナレッジパックとは?

 上記でご紹介したローカルパックとは異なり、ナレッジパックでは一般的に地域キーワードを含まない点が特徴です。

しかし次のように地域キーワードを入力した場合でも、ナレッジパネルが表示されるケースもあります。

ローカルSEO対策におけるナレッジパックとは?地域キーワード

 ローカルSEO対策によってナレッジパネルを表示させれば、検索ユーザーが該当の企業や店舗、施設における基本的な情報を手軽に確認できます。

またナレッジパックには、次のような情報が表示されます。

  • 企業や店舗、施設の名称
  • 業種と特徴(弊社の場合:さくら市のインターネット マーケティング業)
  • 所在地
  • 電話番号(弊社の場合:非表示)
  • 営業時間
  • 健康、安全(マスクの着用や検温などの情報)
  • スター評価と口コミ数
  • ウェブサイトや予約サイトへのリンク
  • 予約やお問い合わせ先のリンク
  • 質問と回答
  • 経路案内
  • 説明文(オーナーが独自に記載可能)
  • 投稿(お知らせやクーポン、ブログの更新状況、イベントなどの情報)

 ナレッジパックはローカルSEO対策の中でも、「健康、安全」「予約やお問い合わせ先のリンク」「質問と回答」「説明文」「投稿」など、検索ユーザーや見込み客へ表示できる情報が多い点が特徴です。

そのためナレッジパックの活用方法によっては、見込み客の獲得やお問合せ数の増加など多くのメリットがあります。 

ローカルSEO対策の方法とは?Googleビジネスプロフィールの活用方法


ローカルSEO対策の方法とは?Googleビジネスプロフィールの活用

 

ここからは実際にローカルSEO対策を進める方法について解説していきます。

またローカルSEO対策を進める上で行うべき基本的な方法として、Googleビジネスプロフィールの活用方法を例に解説していきます。

基本的なGoogleビジネスプロフィールを活用した、ローカルSEO対策の方法は次の通りです。

  • Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)への登録
  • 店舗名や住所、電話番号などの基本情報を設定する
  • 写真や動画を追加する
  • 公式サイトや予約リンクを正確に設定する
  • カテゴリを的確に設定する
  • 投稿機能を活用し情報を適宜公開する

Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)への登録


「Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)」は、「Google」が提供している無料で活用できるビジネスオーナー向けのオンラインツールです。

Googleビジネスプロフィールを活用すると、上記でご紹介した「ローカルパック」「ナレッジパック」といった、ローカルSEO対策が実践できます。

また企業をはじめ飲食店や商業施設、医療施設、教育施設など多くの店舗や施設が利用でき、ローカルSEO対策を進める際には、最初に使用されるケースの多いツールです。

ローカルSEO対策では検索エンジンとマップサイトを対象としますが、それらに掲載される基本的な情報をGoogleビジネスプロフィールで入力できます。 

さらに口コミやレビューへの返信や、お知らせ・イベント・クーポン情報の投稿もGoogleビジネスプロフィールから行えます。

Googleビジネスプロフィールは、「Googleビジネスプロフィール公式サイト」から登録可能です。

店舗名や住所、電話番号など基本的なビジネス情報を設定する


Googleビジネスプロフィールでは、企業や店舗、施設の名称をはじめ、業種、所在地、電話番号、営業時間、ウェブサイトなど、さまざまな情報を登録できます。

これらの情報はそのビジネスを検索エンジンやマップサイト、そしてユーザーや見込み客に伝えるための基本的な情報なので、漏れなく設定しましょう。

店舗名や住所、電話番号など基本的なビジネス情報を設定する

 弊社のように、Googleビジネスプロフィールに電話番号を記載しないケースもありますが、基本的に店舗型のビジネスを展開している場合には設定しておきましょう。

ビジネスをわかりやすく伝える写真や動画を追加する


Googleビジネスプロフィールでは上記の基本情報に加え、写真や動画を掲載することも可能です。 

弊社では次のように画像や動画を追加しています。

ビジネスをわかりやすく伝える写真や動画を追加する

 写真や動画は、文章に比べ短時間で多くの情報を伝えられるメリットがあり、活用方法によっては店舗への来店や施設への来場促進に特に効果的です。

 例えば飲食店であれば、料理やメニュー表、店舗の内装・外装などを掲載すると、「美味しそう!」「行ってみたい!」といったユーザーにポジティブな感情を抱いてもらいやすくなります。

カテゴリを的確に設定する


Googleビジネスプロフィールでは、ビジネスのカテゴリーを設定可能です。弊社では次のようにカテゴリを設定しています。

カテゴリーを的確に設定する

 カテゴリを設定することで、その業種を探しているユーザーや見込み客が検索した際にビジネスをアピールできます。

またGoogleビジネスプロフィールには数多くのビジネスカテゴリがラインナップされていますので、自身のビジネスに当てはまるカテゴリーを設定してみてください。

公式サイトや予約リンクを正確に設定する


Googleビジネスプロフィールには、公式サイトのURLや予約リンク(予約・お問合せページのURL)を設定する箇所があります。

次の画像が公式サイトや予約リンクの設定画面です。

公式サイトや予約リンクを正確に設定する

 これらのリンクを正確に設定し、Googleビジネスプロフィールと公式サイトの関係性をWeb上で示すことも重要です。

具体的にはアンカーテキスト(HTMLソースでリンクが張られている文字列)で公式サイトが被リンクを受けている状態にすることが重要です。 

投稿機能で情報を適宜公開する


Googleビジネスプロフィールでは、企業や店舗、施設からのお知らせやクーポン、ブログの更新状況、イベントなどの情報を公開できます。 

例えば、ブログを更新した際やコンテンツを追加した際に、Googleビジネスプロフィールの投稿機能を活用すると、次のようにユーザーへ情報を伝えることが可能です。

次の画像は、弊社が投稿機能を活用し、サイトの更新状況をお知らせしている例です。 

投稿機能で情報を適宜公開する

 その他にもイベントの際には、イベントの写真や動画、イベントのタイトル、イベント期間を投稿できます。

店舗への集客を促進させたい場合や施設情報をアピールしたい場合には有効な機能なので、ぜひ活用しましょう。 

ローカル検索結果ではどのように順位が決定されるのか?


ローカルSEO対策により企業や店舗、施設情報を検索上位に表示させるには、どのようにローカル検索結果の順位が決定されているのかについて確認しておきましょう。

「Google のローカル検索結果のランキングを改善する方法」の「ローカル検索結果のランキングが決定される仕組み」では、ローカルSEOの順位が決定される仕組みは、次のように公表されています。

ローカル検索結果では、主に関連性、距離、知名度などの要素を組み合わせて最適な検索結果が表示されます。

引用:「Googleのローカル検索結果のランキングを改善する方法

上記を踏まえると、ローカル検索結果に企業や店舗、施設情報を上位表示させるためには、関連性と距離、知名度を意識して対策することが重要です。

キーワードとビジネスの関連性


ローカル検索結果における関連性とは、ユーザーが検索したキーワードと、Googleビジネスプロフィールに記載されている内容の関わり具合のことです。

検索キーワードと記載内容の関連性が高いほど、ローカル検索結果で上位表示されやすくなります。

そのため上記で解説したように、Googleビジネスプロフィールに、基本情報やカテゴリを正しく設定しておく必要があります。

ビジネスの所在地と検索ユーザーの距離


ローカル検索結果における距離とは、検索された地域キーワードと、該当する企業や店舗、施設など、ビジネスの所在地までの距離のことです。

また検索されたキーワードに地域キーワードが含まれていない場合は、ユーザーの位置情報を基に距離が算出されます。

ユーザーのいる位置から所在地までの距離を正確に把握してもらうためにも、Googleビジネスプロフィールに所在地情報も正しく記載するようにしましょう。

地域におけるビジネスの知名度(視認性の高さ)


ローカル検索結果における知名度とは、企業や店舗、施設情報がどの程度人々に知られているのかを示す度合いのことです。

知名度は視認性とも言われ、知名度を示す指標として代表的なのが、口コミやレビュー数です。

口コミやレビュー数が多いということは、そのビジネスが多くの人に知られている裏付けとなり、ローカル検索結果でも上位表示もされやすくなります。

さらに外部サイトからのリンク数、言及されている記事数なども、知名度や視認性の高さを図るための判断材料に含まれます。

実際の店舗運営でも口コミによってお客が増えるケースがあるように、ローカルSEO対策やGoogleビジネスプロフィール活用の際にも、知名度や視認性の高さは重要な点です。

ローカルSEO対策の効果を高める方法とは?応用的な対策方法について


上記でご紹介したローカルSEO対策が基本的な対策に対して、下記の点は応用的なローカルSEO対策です。

より集客力アップや認知拡大を狙いローカルSEO対策の効果を高めたい場合には、下記の点も実践してみてください。

  • 口コミやレビューへ対応する
  • 公式サイトのコンテンツを充実させる
  • ユーザーの行動を把握し改善する
  • サイテーションを促す対策を進める

 また上記でピックアップしたローカルSEO対策の方法は、「Whitespark」が公表している「The 2021 Local Search Ranking Factors」を参考にしています。

参考:「The 2021 Local Search Ranking Factors

口コミやレビューへ対応する


昨今ローカルSEO対策において特に重視されているのが、口コミやレビューです。ここでは一例として、栃木県日光市へ観光に行った際、近くにある人気の蕎麦屋を探したい場合を想定しましょう。 

この場合、検索エンジン「Google」で「日光 蕎麦屋」など、地域キーワードを含めて検索すると、日光や近隣の蕎麦屋がリストアップされ、店舗情報に加え口コミを確認できます。

口コミやレビューへの対応

 こうした口コミやレビューを確認したり、店舗側の返答を確認した上で、来店を決定した経験のある方は多いのではないでしょうか。

一方で口コミやレビューがない店舗だと不安に思ったり、来店しないといったケースも珍しくありません。

そのため企業や店舗、施設の運営者側は、Googleビジネスプロフィールを通して、こうした口コミやレビューに対応することで、店舗の来店や施設への来場を促進させることが可能です。

また口コミやレビューを書いてもらいやすいように、促すことも強固なローカルSEO対策基盤を整備するためには重要です。

公式サイトのコンテンツを充実させる


ローカルSEO対策で上位表示を獲得するためには、公式サイトで正確な情報提供をしているかも重要なポイントです。

実際に公式サイトに記載されている情報が、ローカルパックやローカルファインダーの検索結果に表示されるケースもあります。

また間接的ではありますが、公式サイトで適宜情報を更新する、SSL化やセキュリティ対策を施す、ユーザーに役立つ情報を発信するといった作業もローカルSEO対策に影響してきます。

そのため公式サイトの情報を最新に保つことや、サイトを訪れるユーザーにわかりやすい情報を伝えることも重要な対策です。

実際にローカルSEO対策によって、より多くの集客力アップや認知度拡大を狙う場合は、公式サイトのSEO対策やSEOコンテンツの充実など、さまざまな点も関わってきます。 

弊社ではそうしたSEO対策やSEOコンテンツの制作を代行しています。詳細は「SEOコンテンツ制作サービスをご覧ください。

ユーザーの行動を把握し改善する


ユーザーの行動を把握し改善する

 ローカルSEO対策では、そのページにおける滞在時間やクリック率も間接的に影響していると言われています。

「Google」の提供している「サーチコンソール」では、Google検索結果におけるサイトのパフォーマンスが分析でき、「Googleアナリティクス」では、そのサイトにおけるアクセスを解析ができます。

必要に応じこうしたツールを活用し、そのページにおけるユーザーの行動を把握し改善することも重要です。 

弊社ではこうしたツールの連携や分析、分析データを活用したSEO対策やコンテンツマーケティングも代行しております。詳細は「SEO対策・コンテンツマーケティングサービス」ご覧ください。

サイテーションを促す対策を進める


SNSや他のサイトなどで、Web上で企業や店舗、施設名が言及されることをサイテーションと言います。

例えば有名な飲食店であれば、SNSや個人ブログ、グルメサイト、ポータルサイトなどで、頻繁に口コミやレビューで言及されます。

また多くの場所で言及されると、Web上でその飲食店の人気が確認でき、視認性が高まります。このようにサイテーションが多いほど検索で上位表示につながります。

そのためサイテーションを高めるための対策も、ローカルSEO対策では重要な点です。 

ローカルSEO対策やSEO対策、コンテンツマーケティングは代行業者を活用しよう


上記でご紹介したように、ローカルSEO対策は企業や店舗、施設などのビジネスにおける集客力アップや認知拡大に有効な方法です。

またその他のWeb集客やマーケティング施策に比べると比較的、手間と時間をかけずに行えるメリットがあります。

しかし初めてローカルSEO対策を実践する際には、手間と時間がかかるケースがあるのも事実です。

株式会社Curiverは、SEO対策やコンテンツマーケティングに強みを持つ会社です。ローカルSEO対策をはじめ、SEO対策やコンテンツマーケティングの代行会社や外注先をお探しの場合は、ぜひお気軽にお問合せ・ご相談ください。

お問い合わせ

ローカルSEO対策に関するQ&A

「地域名+キーワード」のように検索エンジンで検索した際、検索結果の上位に表示させるための施策です。

次のような場合に適しています。

  • 「飲食店や商業施設、美容室など近隣の住民を対象とした店舗を運営している。」
  • 「主に近隣に住んでいる見込み客に向けて、店舗情報をアピールしたい。」
  • 「地域キーワード(栃木・宇都宮など)で検索するユーザーを集客したい。」
  • 「地域に根付いた地場産業を営んでおり、商品やサービスを知ってほしい。」

 

検索エンジンは「Google」、マップ(地図)サイトは「Googleマップ」を指すケースが一般的です。

基本的な対策はGoogleビジネスプロフィール公式サイト」から登録して実施します。

対象となるキーワードと上位表示させる対象が異なる点です。主な対象キーワードは次の通りです。

  • ローカルSEO対策:地域キーワード(栃木・宇都宮など)
  • SEO対策:地域キーワードを含むキーワード

上位表示させる主な対象は次の通りです。

  • ローカルSEO対策:店舗や施設情報
  • SEO対策:WebサイトやWebページ

日本と海外で呼び名が異なります。海外では「ローカルSEO対策」、日本では「MEO対策」と呼ばれるケースが一般的です。

主に店舗系のビジネスを展開する企業が、集客力アップや認知度アップを実現するために必要な対策の1つです。

  • 飲食店:カフェ・喫茶店、食堂、レストラン、居酒屋、バー、ファストフード…など
  • 商業施設:ショッピングモール、駅ビル、百貨店、デパート、量販店、スーパーマーケット…など
  • 医療施設:病院、耳鼻科、内科、歯科、眼科、整骨院・接骨院…など
  • 教育施設:学校、体育館、文化館、公民館、カルチャーセンター、学習塾…など
  • レジャー施設:映画館、遊園地、カラオケ、ホテル…など
  • 美容関係:エステサロン、マッサージ、理容・美容室など
  • 士業:税理士、弁護士、司法書士、行政書士、社会保険労務士…など
  • 地域密着型の店舗・施設:青果店・八百屋、鮮魚店、精肉店、ガソリンスタンド、駐車場、スポーツジム、クリーニング店、水道トラブル、電気トラブル、鍵トラブル…など

 

「ローカルパック」「ナレッジパック」の2種類です。ローカルパックには、スタンダートなもの以外に、ローカルABCパック、ローカルスナックパック、ローカルファインダーがあります。

 

基本的な対策は、Googleビジネスプロフィールで行います。主な方法は次の通りです。

  • Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)への登録
  • 店舗名や住所、電話番号などの基本情報を設定する
  • 写真や動画を追加する
  • 公式サイトや予約リンクを正確に設定する
  • カテゴリーを的確に設定する
  • 投稿機能を活用し情報を適宜公開する

効果を高める主な方法は次の通りです。

  • 口コミやレビューへの対応
  • 公式サイトの充実
  • ユーザーの行動を把握し改善する
  • サイテーションを促す対策を進める

弊社で承っております。お気軽に「お問合せページ」からお問合せください。