SEO対策とは?成功事例や上位表示の方法、検索エンジンの仕組みやメリット・デメリットを解説

ホーム コンテンツ SEO対策とは?成功事例や上位表示の方法、検索エンジンの仕組みやメリット・デメリットを解説
a
SEO対策とは?成功事例や上位表示の方法、検索エンジンの仕組みやメリット・デメリットを解説
目次

SEO対策は「Google」「Yahoo!」などの検索エンジンで、Webサイトやページを上位表示させ、検索からの集客効果を得るためのマーケティング手法です。

SEO対策会社に依頼しても成果が出なかったケースや意味がないお考えの場合は、本記事で解説している検索順位が決定される仕組み、SEO対策の流れや注意点を改めて確認してください。

またSEO対策を進める上で参考となるWebサイトや、弊社が行ったSEO対策の成功事例を交え、SEO対策の種類やメリット・デメリットまで網羅的にSEOについて解説します。

SEO対策とは?


SEO対策とは、検索エンジンで特定の検索キーワードの検索結果に、特定のWebサイトやページを上位表示させる一連の対策を意味します。

次の画像は「SEOコンサルティング 事例」の検索キーワードで「Google」の検索エンジンを使い検索した際、弊社のWebページが上位表示されているSEO対策例です。

SEO対策 上位表示 例

弊社のページよりも上部に表示されているのは、広告を掲載し上位表示させている他社のページです。

SEO対策によってWebサイトやページを検索エンジンの上位に表示させることで、広告費をかけず見込み客から自社の情報を発見してもらいやすくなり、Web上の集客力向上や営業活動の促進に効果的です。

さらにSEO対策はWebマーケティングやWeb集客をはじめとして、PR・広報活動、ブランディング活動、インバウンド営業、Webサイト運用など、さまざまな企業活動にも有用な方法です。

そのため日本の大部分を占める中小企業をはじめ、零細企業や大企業、ベンチャー企業、個人企業に至るまで、多くの企業が実践しているのがSEO対策です。

またSEO対策には、「検索エンジンマーケティング」「Google・Yahoo!検索対策」「検索エンジン最適化」「検索エンジン対策」「キーワード対策」など、さまざまな呼び名があります。

SEOの意味とは?検索エンジンの種類


SEOの意味とは?検索エンジンの種類

詳細にSEO対策について触れる前に、事前知識として「SEO」の意味ついて確認しておきましょう。

SEOとは「Search Engine Optimization」の頭文字をとった略称で、日本語では「検索エンジン最適化」を意味します。

また検索エンジンには世界中の膨大なユーザーに使用されている「Google」、日本で多くのユーザーを誇る「Yahoo!」、Microsoft社の「Bing」が代表的な存在として知られています。

検索エンジンの主な種類

  • 「Google」:世界中の膨大なユーザーに使用されている検索エンジン
  • 「Yahoo!」:日本で多くのユーザーを誇る検索エンジン
  • 「Bing」:Microsoft社が提供する検索エンジン

SEOといえば基本的には「Google」における検索エンジン最適化のことを指しており、「Google」で上位表示を実現できれば一般的に「Yahoo!」でも同じように成果を得られます。

というのも「Yahoo!」の検索エンジンはデザイン性や仕様は多少異なるものの、重要となる基本的な検索機能は「Google」の検索エンジンを採用しているためです。

よって膨大なユーザーを抱える検索エンジン「Google」におけるSEO対策を進めれば、「Yahoo!」での検索からの集客効果も得られ、概ねSEOにおける成果は得られます。

ただしSEOにおける検索順位が決定される仕組みは明確に公表されているわけではなく、「Google」から公表されている情報や「Google」の社員が公開しているSNSやコミュニティサイトなどから情報を収集し、ヒントを得ながらSEO対策を進める必要があるのが実情です。

SEO対策は意味がない?


  • 「高額な報酬を支払いSEO対策を依頼したにも関わらず、費用対効果が悪く意味がなかった。」
  • 「従業員にSEO対策を任せたが集客などの成果が出ず、時間を割いた意味がなかった。」
  • 「SEOペナルティを受けてしまい、検索順位が大幅に下落してしまった。」

上記のようにSEO対策は意味がないと、ネガティブなイメージをお持ちの企業様も少なくありません。

もちろんビジネスモデルや商材、ご予算などによって、SEO対策は有効でない場合もあります。例えば一度きりのイベントビジネスの場合、見込み客が検索しない場合などが挙げられます。

しかし多くの企業様にとってSEO対策は有効な集客・マーケティング手法です。

実際にSEOに特化したメディア運営で広告収益を得ている企業や、アウトバウンドの営業マンがいなくともSEO対策によるインバウンド営業だけで受注できている企業など、SEOを集客の軸に据えて事業運営している企業は数多く存在します。

SEO対策をはじめとするWeb集客施策を代行する弊社でも、お客様のもとへ出向いて営業するケースはほとんどありません。お寄せいただくお問い合わせの半数以上は、SEO対策を進めたことでWebサイト経由で得られています。

SEO対策の成功事例


弊社が企業様のSEO対策関連の施策を代行した事例では、次のような成果を得ています。

SEO記事の新規制作と改善でUUを2.2倍にアップしたSEO対策の成功事例


雑貨通販サイトのSEO対策・コンテンツマーケティング事例 制作と改善でUUを2.2倍にアップ

雑貨を中心に扱う通販サイトを運営されている企業様における、SEO対策の成功事例です。

上位できているSEO記事は存在するものの、さらにSEO記事を集客チャネルとして活用し、Webサイトの総合的な集客力を向上させたいとのお考えからご依頼いただきました。

集客に効果的な検索キーワードを分析し、新規にSEOコンテンツを企画・制作したことで、SEO関連の施策を開始してから6ヶ月で、ECサイトにおける訪問者数(UU:ユニークユーザー)が2.2倍にまで増加させ、集客チャネルの拡充に貢献したSEO対策事例となりました。

当SEO対策事例の詳細は、「雑貨通販サイトのSEO対策・コンテンツマーケティング事例 制作と改善でUUを2.2倍にアップ」をご覧ください。

サイト改善を含めたSEOコンサルティングでPV2.9倍を達成したSEO対策の成功事例


インテリア関連メディアのSEOコンサルティング事例 PV2.9倍と販売サイトへの送客サポート

インテリア販売を営む企業様の運営されているオウンドメディアにおける、SEO対策の成功事例です。

閲覧数(PV:ページビュー)の増加とオウンドメディアからインテリア販売サイトへ送客を進めたいとお考えで、コンサルティングとSEO対策作業の代行をご依頼いただきました。

タグや内部リンクなどの基本的なSEO関連の設定箇所にキーワードを組み込み、バナーやCTAのデザインを改善しました。

これらのSEOコンサルティングや作業代行によって、オウンドメディアの閲覧数(PV:ページビュー)が2.9倍に増加させたSEO対策事例です。

当SEO対策事例の詳細は、「インテリア関連メディアのSEOコンサルティング事例 PV2.9倍と販売サイトへの送客サポート」をご覧ください。

SEO対策担当者の外注で人件費の55%削減に貢献したSEO対策の成功事例


製造業のSEO対策・コンテンツマーケティング事例 Web担当者の外注により人件費を55%削減

製造業を営む企業様におけるSEO対策やコンテンツマーケティング代行による、SEO対策の成功事例です。

Webサイトの管理や営業サポートなどの業務をご担当者様1人で対応しており、外注で業務削減・効率化したいとのご要望からご依頼いただきました。

またコンテンツSEO施策を進めるために、施工事例や活用事例などのデータを取集したものの、SEO記事の制作は専門性が高く制作フェーズに移れないとお悩みでした。

収集いただいたデータからSEO対策関連の施策に有効なコンテンツをピックアップし、ユーザーファーストなSEOコンテンツを企画・制作を代行いたしました。

これによって外注でSEO対策が効率的に進められたことに加え、新規でWeb担当者を雇用するに比べ人件費を55%削減に成功しました。

当SEO対策事例の詳細は、「製造業のSEO対策・コンテンツマーケティング事例 Web担当者の外注により人件費を55%削減」をご覧ください。

SEO対策の種類とは?


SEO対策の種類とは?外部施策・内部施策(コンテンツSEO・テクニカルSEO)

SEO対策の種類には、外部施策と内部施策があります。また内部施策には、コンテンツSEOとテクニカルSEOがあります。

このように一括りにSEO対策と言っても多種多様で、業務レベルで考えると施策内容も多岐に渡ります。

SEO対策の種類

  • 外部施策
  • 内部施策

外部施策とは?


外部施策とは、Webサイトやページの外部に施すSEO対策の1種で、「バックリンク対策」「被リンク対策」「外部SEO」などと呼ばれるケースもあります。

主に外部のWebサイト・ページから受けるバックリンクや被リンクの数を増やすために行うためのSEO対策を指します。

また外部施策には、主にSNSを活用しシェア、つまりバックリンク(被リンク)を獲得できる仕組みを構築する方法や、メルマガを活用し多くのユーザーの目に留まる工夫をするとった方法が挙げれらます。

外部施策は内部施策と相関関係にあり、内部施策を充実させることで多くのユーザーに閲覧されやすくなり、それに伴い引用や参考などでバックリンク(被リンク)を獲得できるようなります。

内部施策とは?


SEO対策における内部施策の種類 コンテンツSEO テクニカルSEO

内部施策とは、Webサイトやページの内部に施すSEO対策の1種です。

検索エンジンのクローラーにWebサイトやページに含まれているテキストや画像、動画などの情報を適切に認識、評価してもらうために行います。

内部施策は「内部SEO対策」「内部SEO」などと呼ばれるケースもあります。

またコンテンツSEOやテクニカルSEOと呼ばれるケースもありますが、厳密にはコンテンツSEOやテクニカルSEOは、内部施策の中に含まれるSEO対策の1種です。

SEO対策における内部施策の種類

  • コンテンツSEO
  • テクニカルSEO

コンテンツSEOとは?


コンテンツSEOとは、Webサイトやページで公開する文章・テキスト、画像・イラスト、動画などのコンテンツの品質を軸に据えたSEO対策の1種です。

例えば「企業が保有する専門的なお役立ち情報をブログとして掲載する。」「記事のテーマや特定の分野において、権威や信頼性のある人に投稿内容を監修してもらう。」「ユーザーにコンテンツを理解してもらい易くするため、イラストや動画を活用する。」といったSEO施策がコンテンツSEOに該当します。

テクニカルSEOとは?


テクニカルSEOとは、Webサイトやページを検索エンジンに正確に読み取ってもらうために行うSEO対策の1種です。SEO対策を進める際には、コンテンツSEOと並び重要な対策です。

例えば「クローラが情報を収集し易くするため、サイトマップを正確に送信する。」「正確にインデックスされるために、Webページのタイトルタグやディスクリプションを記載する。」といったSEO施策がテクニカルSEOに該当します。

SEO対策の対象となる主なWebページとは?


SEO対策の対象となる主なWebサイト・ページ

SEO対策における対象はWebサイトやWebページですが、一口にWebページといっても、ホームページや投稿ページをはじめ、Webサイトに含まれる画像やイラスト、映像や動画も対象です。

SEO対策の対象となる主なWebページ

  • ホームページ:Webサイトで最初に表示されるトップページ

 (例:https://curiver.com/

  • 投稿ページ:お知らせやブログ、コラム、商品、事例ページなど

 (例:https://curiver.com/contents/16311/

  • 固定ページ:会社情報、お問合せ、採用ページなど

 (例:https://curiver.com/company/

  • カテゴリーページ:投稿をカテゴリーやテーマごとに分けたページ

 (例:https://curiver.com/case/

  • タグページ:投稿をタグやジャンルごとに分けたページ

 (例:https://curiver.com/tag/it/

  • 画像・イラスト:Webサイトやページに組み込まれているイメージファイル

 (例:https://curiver.com/wp-content/uploads/2022/05/4022-2-1.svg

  • 映像・動画:Webサイトやページに組み込まれている動画ファイル

 (例:https://youtu.be/-6gF_rDuo-E

一般的なオーガニック検索におけるSEO対策事例


次の画像は、Google検索で「工芸 SEO」の検索キーワードで検索した際の検索画面です。

一般的なオーガニック検索におけるSEO対策事例

弊社のSEO対策やSEO記事制作の事例を投稿したSEO対策されたWebページ、SNSの投稿ページが検索結果の上位表示され、上位1位から3位までランクインしています。

これが一般的なオーガニック検索におけるSEO対策の事例ですが、その他にも画像や動画におけるSEO対策も存在します。

ここでご紹介しているSEO対策事例は、「Google」の検索エンジンを使用していますが、「Yahoo!」の検索エンジンでも概ね同様の検索順位となります。

画像検索におけるイメージコンテンツのSEO対策事例


次の画像は、Google検索で「cg vfx sfx」の検索キーワードで画像を検索した際の検索画面です。

画像検索におけるイメージコンテンツのSEO対策事例

SEO対策を施した弊社の投稿ページに含まれているイメージファイルが複数、検索の上位に表示されています。このように画像やイラストといった、イメージファイルもSEO対策に含まれます。

動画検索における動画コンテンツSEO対策事例


次の画像は、Google検索で「sfxとは」の検索キーワードで動画を検索した際の検索画面です。

動画検索における動画コンテンツSEO対策事例

基本的に数ヶ月から数年経過しているコンテンツは、検索エンジンからの評価を積み上げやすく上位表示されやすい傾向にあります。

その中で当記事公開の4週間前に投稿した、SEO対策を進めた弊社の動画コンテンツが複数上位に表示されています。

補足として、このように動画コンテンツを検索結果の上位に表示させるためのSEO対策を「VSEO対策」と言います。

VSEO対策の詳細は「VSEO対策とは?動画コンテンツを上位表示させる方法やメリット・デメリット【解説画像付き】」をご覧ください。

検索エンジンで検索順位が決定される仕組みとは?


検索エンジンで検索順位が決定される仕組みとは? クローラー・インデクサ・サーチャー

SEO対策を施し、検索エンジンでWebサイトやページを上位表示させ集客効果を得るには、検索エンジンでどのように検索順位が決定されているかを把握しておくことが重要です。

検索順位が決定される仕組みを把握しておくことで、より有効なSEO対策を施せるようになり、検索エンジンで自社のコンテンツを上位表示できる可能性が高まります。

ここでは最もメジャーな検索エンジン「Google」から公開されている情報を基にして、検索エンジンで検索順位が決定される仕組みを解説します。

検索エンジンで検索順位が決定される仕組みと主な流れ

  • クローラ:ページ情報を収集
  • インデクサ情報を解析・整理しインデックスに登録
  • サーチャー:検索順位を決定・検索結果に表示

クローラによってページ情報を収集


Web上の情報を収集し自動的にデータベース化するクローラのクロールによって、文章・テキストや画像、動画などが収集されます

検索エンジン「Google」はクロールによって全世界のWebサイトやページを登録してくれる可能性がありますが、SEO対策を進める際にはWebサイトやページをクローラに発見してもらい易くしておくことが重要です。

またクローラーが収集する主な情報は、HTMLや構造化データ、JavaScriptで生成されたリンク、ユーザーの行動データなどさまざまな情報が挙げられます。

インデクサによって情報を解析・整理しインデックスに登録


クロールによってページ情報が収集されたら、それらの情報がインデクサによって解析、HTMLの要素やキーワードなどに応じて分類され、Googleインデックスに登録されます。

ただし検索エンジン「Google」にインデックスしてもらわないようにするためのnoindexタグをWebページに設置している場合は、インデックスに登録されません。

また「Google」の公表しているガイドラインに違反している情報を掲載している場合、ユーザーにとって有益ではない情報を掲載している場合などは、インデックスに登録されないケースがあります。

サーチャーによって検索順位を決定・検索結果に表示


検索エンジン「Google」では、インデックスに登録された情報を、200を超える評価項目を設けてWebサイトやページを評価してくれます。

こうした入念な評価の仕組みによって、検索エンジンで検索したユーザーの検索キーワードや検索意図に関連するWebサイトやページに順位を決定し、検索結果に表示してくれます。

参考:検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド

上位表示に向けてSEO対策を進める上で重要なこと


上位表示に向けてSEO対策を進める上で重要なこと

検索エンジンで上位表示の獲得を目指しSEO対策を進める際は、闇雲にブログ記事を量産したり、検索キーワードをコンテンツに詰め込めば良いわけではありません。

大半の検索エンジンユーザーを抱える「Google」から公表されている情報を確認して、その内容に沿ってユーザーファーストかつ検索エンジンに登録されやすいように、SEO対策を進めることが重要です。

上位表示に向けてSEO対策を進める上で重要なこと

  • 「Google」が公表しているSEO対策関連の情報を理解する
  • 「Google が掲げる 10 の事実」を参考にSEO対策の方向性を確認する
  • 「ウェブマスター向けガイドライン」を参考に不正行為について把握する

「Google」が公表しているSEO対策関連の情報を理解する


日本における検索エンジンのシェアは80%近くを「Google」、同様の検索機能を使用している「Yahoo!」が約20%を占めています。

つまり「Google」の検索エンジンにおけるSEO対策を進めれば、「Yahoo!」を含め国内シェアの100%近くを獲得できます。

そのため「Google」が公表しているSEO対策関連の情報を理解し、SEO対策を進めることが重要です。

参考:Desktop Search Engine Market Share in Japan – August 2022

「Google が掲げる 10 の事実」を参考にSEO対策の方向性を確認する


「Google」では「Google が掲げる 10 の事実」として10項目の哲学を掲げています。

参考:Google が掲げる 10 の事実

これらの項目に則って、SEO対策を進めることが重要です。弊社が自社サイトのSEO対策をはじめ、企業様のSEO対策を代行した経験上、特に重要な項目は次の点です。

「Google が掲げる 10 の事実」に基づきSEO対策を進める際に重要な点

  • ユーザーファーストな価値あるコンテンツを提供する
  • すぐに集客効果が出なくともコツコツとSEOコンテンツを蓄積する

ユーザーファーストな価値あるコンテンツを提供する


「Google」が掲げる哲学において、第一に記載されているのが、次の事柄です。

1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

引用:Google が掲げる 10 の事実

つまりこれはユーザーファーストな価値あるコンテンツを提供すれば、お問合せや商品購入といった売上に関わる事柄も後からついてくるということです。

サイト運営者側が伝えたい情報を掲載することも重要ですが、それよりもいかにユーザーの立場になり、ユーザーが欲しい情報を考え、わかり易く情報を届けるかに焦点を絞ることで、検索順位が上がり自然とお問い合わせなどが増えていく傾向にあります。

これは弊社のお客様のサイトでも同様で、商品を押し売りするのではなく、いかにユーザーにとって必要な商品情報を届けるかにフォーカスできるかが、検索順位向上や最終的な売上に関わってくる傾向にあります。

すぐに集客効果が出なくともコツコツとSEOコンテンツを蓄積する


「Google」が掲げる哲学において、2番目に記載されているのが、次の事柄です。

2. 1 つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。

引用:Google が掲げる 10 の事実

SEO対策は早くても3ヶ月を目安に、対象のWebサイトや状況によっては6ヶ月から年単位で行うプロジェクトです。すぐに集客効果や売上アップといった、成果が出るわけではありません。

そこですぐに成果が出ないからとプロジェクトが頓挫してしまったり、SEO対策は意味がないと挫折してしまうケースも少なくありません。

しかし「Google」の哲学に則った正しい方法でユーザーにとって有益なコンテンツをコツコツと積み上げていけば、多くの場合は成果につながります。

「ウェブマスター向けガイドライン」を参考に不正行為について把握する


「Google」から公開されている「ウェブマスター向けガイドライン」は、主にWebサイトやページをクロール、インデックスし検索結果に表示させるための一般的な方法が掲載されているガイドライン・マニュアルです。

参考:ウェブマスター向けガイドライン

「ウェブマスター向けガイドライン」に記載されている項目を確認し、不正行為につい把握しておくことが、SEO対策を進めるためには重要です。

弊社が自社サイトのSEO対策をはじめ、企業様のSEO対策を代行した経験上、特に重要なのは以下の点です。

「ウェブマスター向けガイドライン」において特に重要な点

  • 「Google」がWebサイトやページの情報をスムーズに収集できる対策を進める
  • EAT(専門性・権威性・信頼性)を高める施策を進める

「Google」がWebサイトやページの情報をスムーズに収集できる対策を進める


「Google」はWebサイトやページを検索画面に表示させるために、クロールによってページ情報をダウンロード、情報をインデックスに登録、検索順位を決定、そして検索結果に表示しています。

SEO対策では、こうした作業を「Google」がスムーズに行えるように、対策を進めることが重要です。

具体的には画像に alt タグを設置したり、リンクに<a> 属性を含む href タグを設置したり、サイトマップを送信するなどが、スムーズにWebサイトやページの情報収集してもらうための対策として挙げられます。

EAT(専門性・権威性・信頼性)を高める施策を進める


SEO対策におけるEAT(専門性・権威性・信頼性)

Webサイトやページに入っているコンテンツのEATを高めるSEO施策を進めることが重要です。

SEO対策におけるEATとは、Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、Trustworthiness(信頼性)の頭文字からなる用語です。

検索ユーザーにとって有益な専門性のあるコンテンツを作成し、多くの人にその権威を認められ、信頼されるコンテンツを提供することが大切です。

SEO対策におけるEAT

  • Expertise(専門性)
  • Authoritativeness(権威性)
  • Trustworthiness(信頼性)

EATを高めるためのSEO対策とは、会社情報や運営者情報、プライバシーポリシーページ、特定商取引法ページ(主に物販の場合)を作成したり、ユーザーの安全性を保てるようWebサイトのSSL化を進めるなどが一例として挙げられます。

SEO対策の流れ・業務プロセス


SEO対策の流れ 4つの業務プロセス

 SEO対策の流れは主に4つの業務プロセスで行います。

まずはWebサイトやページの現状や課題を調査分析し、次に課題を解決につながる施策や制作を企画立案します。

その上で施策や制作を実行し、必要に応じて実行した施策や制作を改善していきます。

SEO対策は完璧な正攻法が決まっているわけではないため、現状を適切に把握し、定期的に改善を繰り返し、施策や制作を最適な状態へ近づけていく必要があります。

また下記のSEO対策の流れや業務プロセスは一例です。

Webサイトやページの現状や達成したい目的などによっては、下記以外のSEO関連業務が発生するケースや、迅速に対応するためいずれかのプロセスを省くケースもあります。

SEO対策の流れ・業務プロセス

  • 1 現状分析・課題調査
  • 2 施策立案・制作企画
  • 3 施策支援・制作実行
  • 4 施策修正・制作改善

1 現状分析・課題調査


SEO対策 上位表示 例

1-1 商品・サービスの特徴、キーワードを確認

自社商品・サービスの特徴や、それに関連するキーワード等の情報を洗い出します

1-2 SEO対策サイトの現状を確認

分析ツールや目視でSEO対策を進めるサイトの記事、画像・イラスト、映像・動画等、既存のコンテンツを確認・分析します。

1-3 競合サイト・ページの調査・分析

競合他社や競合サイト・ページの検索順位、含まれているキーワードや記載内容等のコンテンツ、状況を調査・分析します。

1-4 検索キーワード・顕在ニーズの分析

既存顧客・見込み客・ペルソナなど、ターゲットにおける検索ニーズをはじめ、SEOコンテンツ・SEO記事制作を進める検索キーワードや関連する情報を調査・分析します。

2 施策立案・制作企画


SEO対策の流れ・業務プロセス 施策立案・制作企画

2-1 施策や制作における目標・KPIの策定

「検索順位の改善」「アクセス数の増加」「見込み客の獲得」「Webサイトの売上拡大」「商品・サービスの認知度向上」等、目標やKPIを策定します。

2-2 SEO対策するキーワードを選定

検索キーワードを精査し優先順位をつけ、SEO対策するキーワードを選定します。

2-3 潜在ニーズの分析・仮説立案

選定した検索キーワードや顕在ニーズにおける、潜在的なニーズを調査・分析します。

2-4 コンテンツの企画・記事の構成案作成

調査・分析したデータを基に、SEOコンテンツ・SEO記事制作の企画・構成案を作成します。

3 施策支援・制作実行


SEO対策ソリューションの流れ・業務プロセス 施策支援・制作実行

3-1 コンテンツ制作・SEOライティング

企画・構成案に基づいて、SEOコンテンツ制作、SEOライティング・SEO記事制作を進めます。

3-2 コンテンツ・記事の確認・修正

制作したSEOコンテンツ・SEO記事のコピペチェックや記載内容との相違、誤字脱字等を確認し、必要に応じて修正します。

3-3 タイトル・画像等、各種タグの設定

タイトルタグやメタタグ(メタディスクリプション)、hタグ(見出し)、altタグ(画像・イラスト)等、各種タグを設定し、SEOコンテンツ・SEO記事に組み込みます。

3-4 コンテンツ・記事をWebサイト上に公開

制作したSEOコンテンツ・SEO記事をWebサイト上に公開する。必要に応じFacebook・Instagram・Twitter等、SNSに投稿します。

4 施策修正・制作改善


SEO対策の流れ・業務プロセス 施策修正・制作改善

4-1 公開したコンテンツ・記事の状況確認

公開したSEOコンテンツ・SEO記事の状況を分析ツールや目視で確認し、必要に応じて修正点や改善箇所を洗い出します。

4-2 競合サイト・ページの動向確認

競合サイト・ページの動向を確認し、必要に応じて施策内容の修正点や制作物の改善箇所を洗い出します。

4-3 施策の修正案や制作の改善案を作成

公開したコンテンツ・記事の状況、競合サイト・ページの動向に応じて、修正案や改善案を作成します。

4-4 コンテンツ・記事の修正・改善

修正案や改善案に基づき、SEOコンテンツ・SEO記事の修正や改善を実行します。

SEO対策における注意点とやってはいけないこと


SEO対策には適切に外部施策や内部施策を進め、コンテンツSEOやテクニカルSEOを実践していく必要があります。

そうしたSEO関連の施策を進める際には、あらかじめ注意しておくべき点や、やってはいけないことが存在しますので、事前に確認しておくことが重要です。

SEO対策における注意点とやってはいけないこと

  • リンク プログラムへ参加しない
  • クローキングを行わない
  • 隠しテキストと隠しリンクを設置しない など

上記の3つ以外にも「Google」の「ウェブマスター向けガイドライン」には、SEO対策を進める際に確認しておくべき、さまざまなガイドラインが公表されています。

注意しておくべきことや、やってはいけないことを把握し、適切に検索エンジンから適切に評価を受けるためにも事前に確認しておきましょう。

参考:Google検索セントラル ガイドラインの概要

リンク プログラムへ参加しない


SEO対策におけるリンク プログラムとは、「Google」や「Yahoo!」などの検索エンジンの順位を意図的に操作するためにリンクを購入することです。

検索エンジンでWebサイトやページが評価されるためには、バックリンク・被リンクを獲得するための外部対策が重要ですが、有効なのはナチュラルなリンクのみです。

リンク プログラムの参加によって、順位を操作するために意図的に設置されたリンクは評価を受けないどころか、Webサイトやページの評価を著しく下げてしまいます。

また「Google」が公表している「ウェブマスター向けガイドライン」違反とみなされるケースもありますので注意しましょう。

参考:Google検索セントラル リンク プログラム

クローキングを行わない


SEO対策におけるクローキングとは、「Google」や「Yahoo!」といった検索エンジンとユーザーに対して、それぞれ異なるコンテンツを意図的に表示させることです。

例えばWebページ「ABC.com」というページを作成し、検索エンジンにはパターンAのコンテンツを表示させ、ユーザーにはパターンをBのコンテンツを表示させることをクローキングといいます。

クローキングは、「ウェブマスター向けガイドライン」違反となるケースもありますので注意しましょう。

参考:Google検索セントラル クローキング

隠しテキストと隠しリンクを設置しない


隠しテキストや隠しリンクとは、白い背景に白いテキストを使用するなど、Webページの背景と同色のテキストを使用することや、テキストを画像の背後に設置することを指します。

このようにWebサイトやページをユーザーの不利益となるような状態にしておくことは、「ウェブマスター向けガイドライン」の違反となるケースがあります。

ユーザー目線に立ち、隠しテキストと隠しリンクを設置しないように注意しましょう。

参考:Google検索セントラル 隠しテキストと隠しリンク

SEO対策のメリット


SEO対策のメリット

SEO対策を進めることで、継続的なWeb集客効果を得られる点や、商品やサービスの認知度向上、広告費の削減につながるなどのメリットがあります。

SEO対策のメリット

  • コンテンツが資産として蓄積され継続的なWeb集客に貢献できる
  • 企業・商品・サービスのPR・広報活動やブランディング施策に有効
  • 見込み客のインバウンド対策や認知度向上、営業活動の促進に効果的
  • 広告費の削減によって費用対効果の高いWeb集客施策につながる
  • 購入意欲や利用意欲の高い見込み客を集客でき売上アップを期待できる

コンテンツが資産として蓄積され継続的なWeb集客に貢献できる


SEO対策やコンテンツマーケティング施策の一環として作成したSEOコンテンツ・SEO記事は、Webサイト上の資産として蓄積されていくメリットがあります

Webサイト上に資産が蓄積されることで、Webサイトやページの上位表示に貢献するため、継続的なWeb集客に効果的です。

企業・商品・サービスのPR・広報活動やブランディング施策に有効


該当の検索キーワードにおいてWebサイトやページが上位表示されるのは、検索エンジンによって、専門性・権威性・信頼性があると判断されているためです。

つまりSEO対策によって、Webサイトやページが検索上位に表示されると、専門性・権威性・信頼性が検索エンジンによって担保されるので、企業のPR・広報活動やブランディング施策に有効で、この点もメリットの1つです。

見込み客のインバウンド対策・認知度向上・営業活動の促進に効果的


売り手である企業が見込み客へ一方的にアプローチするアウトバウンドに対して、インバウンドは見込み客から見つけてもらい最終的に顧客になってもらうマーケティング手法です。

SEO対策によって上位表示されると、検索エンジン上で見込み客からWebサイトやページを見つけてもらいやすくなり、インバウンド対策や認知度向上、営業活動の促進にも効果的です。

広告費の削減によって費用対効果の高いWeb集客施策につながる


SEO対策と比較されることの多いPPC広告(リスティング広告)では、一般的に集客した分だけ広告費用が発生します。

一方でSEO対策によって特定の検索キーワードでWebサイトやページが上位表示されている間は、追加の広告費用をかけずにWebサイトへ集客できるため、費用対効果に優れているメリットがあります。

購入意欲や利用意欲の高い見込み客を集客でき売上アップを期待できる


特定の検索キーワードを狙ってSEO対策を進めることで、商品の購入意欲やサービスの利用意欲の高いユーザーを集客できるため、売上アップに効果的です。

多種多様な商品やサービスが企業から提供されている昨今の購買行動は、商品購入やサービス利用の事前に調べるフェーズを挟むケースが多い傾向にあります。

商品やサービスについて調べるフェーズのユーザーは購買意欲が比較的高い傾向にあり、そうした見込み客を、SEO対策によって上位表示されたWebサイトやページに呼び込めます。

例えば、商品Aの購入を検討している見込み客が「商品A 使い方」で検索したとします。その際、SEO対策によって上位表示された、商品Aの使い方が魅力的に記載されたページへ呼び込むことができれば、その場で購入してくれる可能性が高まります。

SEO対策のデメリット


SEO対策のデメリット

上記のようなメリットがある反面、SEO対策には手間と時間がかかる点やコンテンツの改善が必要になる点、知識やノウハウが必要になるといったデメリットも存在します。

SEO対策のデメリット

  • 集客効果を得られるまで手間と時間がかかる
  • 定期的にコンテンツの改善が必要となる
  • 商材やビジネスモデルによっては相性が悪い
  • 必ずしも検索エンジン上で検索順位がアップするとは限らない
  • SEO対策における専門的な知識やノウハウが必要になる

集客効果を得られるまで手間と時間がかかる


SEO対策にはコンテンツSEOやテクニカルSEOをはじめとして多種多様な施策があり、即座に集客効果が得られるわけではない点がデメリットです。

またドメインの運用歴やコンテンツのボリュームといったWebサイトにおける既存の状況や、どの程度のSEO対策を進めるかにもよりますが、一般的に成果を実感できるまでに3から6ヶ月程度は、時間が掛かるケースが多い傾向にあります。

全く同じサイトは存在せず、そのサイトによって必要となる手間や時間は異なりますので、SEOにおける現状や課題を把握し、具体的な施策やコンテンツ制作を進めていく必要があります。

定期的にコンテンツの改善が必要となる


「Google」をはじめとする検索エンジンでは、Webサイトやページの検索順位を決定する仕組み・ルールであるアルゴリズムが変更されます。

実際に数日前までは上位に表示されていたWebサイトやページであっても順位が下落し、集客効果が損なわれる可能性があります。

よって定期的にコンテンツの改善が必要となるといったデメリットが存在します。一方で適切なSEO対策を進めていれば、下落するWebサイトやページが存在するように、順位が上昇する可能性もあります。

商材やビジネスモデルによっては相性が悪い


その企業で扱っている商材やビジネスモデルなどによって、SEO対策は相性が悪い可能性があります。

例えば定期的に商材の使用などが変更される場合や数日間しか扱わない場合など、商材が流動的な傾向にある場合にSEO対策はあまり相性が良くありません。

またWeb上に情報をアップしても閲覧されることがない場合や、対面での営業が必須なビジネスモデルの場合などにも相性が悪いケースがあります。

このように商材やビジネスモデルによってはSEO効果が得られにくく、相性が悪い点もデメリットとして挙げられます。

必ずしも検索エンジン上で検索順位がアップするとは限らない


「Google」から公表されている情報や各SEO対策関連の企業が公表している情報を参考にしても、必ずしも検索順位がアップするわけではない点がデメリットです。

実際に「Google」から公表されている情報は断片的なケースもあり、上位表示するためのアルゴリズムやコンテンツを全て明示してはいません。

公表されている情報を参考にしてSEO対策を進めるのは必須事項ですが、ユーザーの検索意図やニーズ、潜在的なニーズなどを考え抜き、ユーザーファーストなSEO対策を進めることが重要です。

SEO対策における専門的な知識やノウハウが必要になる


SEO対策には外部施策と内部施策、テクニカルSEO、コンテンツSEOが存在し、業務レベルまで落とし込むと膨大な作業量となります。

それに伴いSEO対策によって上位表示させたり、集客効果を得るためには、さまざまな知識やノウハウが必要となり、それらをもとに作業していく必要がある点がデメリットです。

また社内でSEO対策の知識やスキルを有する人材がいるケースはごく稀で、多くの企業はSEO対策を代行会社に委託しています。

SEO対策関連のサービス


弊社では企業様の必要とされる業務プロセスに応じて、4つのSEO対策関連のサービスをご提供いたします。

SEO対策・コンテンツマーケティングサービス


競合リサーチから企画、制作、改善までマーケティング施策を一任するSEO対策関連サービスです。

SEO対策・コンテンツマーケティングサービス

SEOコンテンツ制作サービス


記事やイラスト等、SEOコンテンツの企画から制作をワンストップで行うSEO対策関連サービスです。

SEOコンテンツ制作サービス

SEOライティング・SEO記事制作サービス


指定の検索キーワードで上位表示を目的としたSEO記事を作成を代行するSEO対策関連サービスです。

SEOライティング・SEO記事制作サービス

SEOコンサルティングサービス


サイトのSEO対策を強化するためのデータ分析と施策の企画を代行するSEO対策関連サービスです。

SEOコンサルティングサービス

SEO対策のまとめ


SEO対策は上場企業から中小企業、ベンチャー企業に至るまで、多くの企業が取り組んでいるWebマーケティング・Web集客施策で、数多くのメリットがあります。

しかしSEO対策により、検索エンジン上で上位検索を獲得しWebサイトやページへ流入を促すためには、競合サイト・ページの調査をはじめ、検索キーワードの選定、SEOコンテンツの企画・制作・改善など対応すべき業務は多岐に渡ります。

またあらかじめ注意点を把握することや改善を繰り返す検索エンジンへの対応、見込み客における多様化するニーズのキャッチアップなど、業務内容は非常に複雑化しています。

弊社では、複雑化するSEO対策における業務をワンストップで実行し、企業様のWebサイトを最適化しSEO対策による集客の促進に貢献いたします。

SEO対策に関するご相談はお気軽にお問合せページより、お問合せください。

お問い合わせ

SEO対策に関するQ&A

検索エンジンで特定の検索キーワードの検索結果に、特定のWebサイトやページを上位表示させる一連の施策がSEO対策です。またSEOとは、「Search Engine Optimization」の頭文字をとった略称で、日本語では「検索エンジン最適化」を意味します。

Webサイトやページの外部に施す外部施策と、内部に施す内部施策があります。また内部施策には、文章・テキスト、画像・イラスト、動画などのコンテンツの品質を軸に据えたコンテンツSEOと、検索エンジンに正確に読み取ってもらうためのテクニカルSEOがあります。

WebサイトやWebページが対象です。

SEO対策の対象となる主なWebサイト・ページは、ホームページをはじめ投稿ページ、固定ページ、カテゴリーページなどが挙げられます。また画像・イラストといったイメージファイルや動画ファイルも含まれます。

クローラによってページ情報が収集され、インデクサによって情報を解析・整理しインデックスに登録されます。その後サーチャーによって検索順位を決定・検索結果に表示されます。

 

 承っております。他の企業様がSEOコンテンツの企画を行い制作業務は弊社が代行するケース、弊社が企画を行い他社が制作業務を担うなどの事例がございます。

 基本的にSEO関連のサービスは、既にWebサイトをお持ちの企業様が対象のサービスです。Webサイトをお持ちでない場合には、まずWebサイト制作サービスをご覧ください。

承っております。上記以外の業務では、音声データの分析、ブログコンテンツの制作、内製化に向けたSEOライティングのサポートなどの事例がございます。

 基本的には承っております。ただし改めて分析・調査業務や企画業務などが発生する場合等、追加で費用をいただくことがございます。

承っております。ただし目的を実現するために、新規でWebサイトを立ち上げSEO対策を進めた方が効率が良いケースや、低評価を受けてしまっており、活用しない方が良いケースなどの場合は、別のSEO施策をご提案をさせていただきます。

問題ございません。インハウス化に向けたサポート事例や、SEOコンテンツやSEO記事制作等は行わないSEOコンサルティングサービスのみ行った事例もございます。

 承っております。ただしSEO対策やコンテンツマーケティング施策に比べ、MEO対策は簡単に対策できるため企業様の方でご対応していただくケースが大半です。

その他のコンテンツ