ホーム コンテンツ インタビュー動画とは?メリット・事例・費用例

インタビュー動画とは?メリット・事例・費用例

目次

インタビュー動画とは?

インタビュー動画は、お客様の声や社員の声、経営者へのメッセージなど、リアルな体験談や想いを視聴者に伝える映像コンテンツのことです。 

またインタビュー動画の種類は、主に取材対象ごとに分かれており、お客様・社員・経営者の3つに分かれています。

インタビュー動画は、採用活動や商品の販売促進、サービスの理解促進、PR、ブランディング施策など、さまざまなシーンで活用できます。

またその他の映像コンテンツに、インタビューシーンの動画を組み込んだり、音声だけ流す手法を取り入れるケースもあります。

活用のメリット

インタビュー動画のメリットは、通常表には出にくい企業の「想い」や「ストーリー」を映像としてコンテンツにできることです。

例えば経営者や社員へのインタビュー動画は、商品・サービスや企業の解像度が上がりやすくなるため、商品・サービス・企業への理解促進やブランディングに有用です。

またお客様に商品・サービスを使った感想を取材する形式のインタビュー動画は、第三者の声を見込み客に伝えることで、商品・サービスへの信頼度が増し販売促進に繋がりやすくなります。

そのためインタビュー動画を用意しておくことで、商品購入やサービス利用における多くの場合、ポジティブな効果を得られます。

費用

以下は、インタビュー動画を、制作会社や映像クリエイターに外注した場合の参考費用です。

作業例制作費用例備考
企画+撮影(1箇所)+編集30〜50万円カメラ2台を使い、1箇所のみで撮影した動画を編集作業まで依頼した場合を想定した費用例
企画+撮影(複数)+編集40〜60万円カメラ2台を使い、複数箇所で撮影した動画を編集作業まで依頼した場合を想定した費用例
企画+撮影(複数)+編集+フルテロップ40〜70万円カメラ2台を使い、複数箇所で撮影した動画を編集作業(フルテロップ挿入)まで依頼した場合を想定した費用例

※制作するインタビュー動画の尺やカット数、対象のサービス内容などによって制作費用は大きく異なりますので、上記の制作費用は大まかな例としてご参考ください。

インタビュー動画の事例

弊社で制作したインタビュー動画の事例で、主に商品に対しての「想い」にフォーカスして設問やインタビュー内容を企画しています。

またお店のキャラクターにアニメーションを加えて作ったテロップや、サウンドロゴをポップなイメージに仕上げることで、ブランディング施策にも活用できるよう制作しました。

Q&A

採用活動や商品の販売促進、サービスの理解促進、PR、ブランディングなど、作り方次第でさまざまなシーンに活用できます。

商品やサービスの内容によって、適する活用方法は異なりますので、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

「動画活用によって何を得たいのか?」「誰に何を伝えたいか?」を明確にし、コンセプト設計の上で、企画を作ることです。

弊社では動画制作におけるコンセプト設計の上、映像コンテンツの企画、動画素材撮影、編集まで一貫して行っています。

はい。インタビュー動画の活用目的に応じた質問内容を作成させていただきます。

社員インタビュー・経営者インタビュー・お客様インタビューの主に3つの種類に分かれています。

当記事の関連テーマタグ
ライター
Picture of 株式会社Curiver
株式会社Curiver

栃木県のデジタルマーケティング会社です。Web戦略の設計段階からクリエイティブの企画・制作、マーケティング施策の実行・改善まで、零細・中小企業におけるWeb関連業務を一貫して代行します。

監修者
Picture of 柄木田 裕哉
柄木田 裕哉

株式会社Curiver代表取締役。1996年、栃木県さくら市出身。新卒で独立し、Webサイト・記事制作、SEO対策、Webマーケティングの受託とWebメディア運営を開始。現在は主にマーケティングプロジェクトの統括や制作のディレクションを担当しています。