Case

金融系WebメディアのSEO記事制作事例 資産性のあるコンテンツSEO施策へ

ホーム 事例 SEO記事制作事例 金融系WebメディアのSEO記事制作事例 資産性のあるコンテンツSEO施策へ
金融系WebメディアのSEO記事制作事例 資産性のあるコンテンツSEO施策へ

事例概要

事業金融系Webメディア運営
対象BtoC
媒体オウンドメディア
費用20〜40万円/月
目的
認知拡大・検索上位表示/集客チャネル拡充・アクセスアップ
内容
キーワード・競合SEO記事調査/サジェスト・ニーズ分析/見出し・構成案作成/アイキャッチ・イラスト作成/SEOライティング/校正・校閲・コピペチェック

 

制作前の課題

・運用しているオウンドメディアへ継続的に金融系のSEO記事を投じていきたい

・既存業務との兼ね合いもありSEO記事の制作業務にリソースを割けないので外注で補いたい

・単に金融関連の情報を発信するのではなく、コンテンツSEOの視点を加味して、Webサイトの資産として積み上がっていくような金融系のコンテンツを制作していきたい

 

制作内容

・SEO対策においてターゲティングしている金融系のキーワードにおける、読者の顕在的な検索ニーズの洗い出しに加え、見込み客が抱えていると想定される潜在的なニーズまで分析

・継続的に集客効果を得られるように、見込み客のニーズを満たせるように、各見出しに役割を持たせながら記事構成を作成

・Webの分析データに加え、テレビや新聞などWeb以外の媒体からも金融関連の情報を収集し、金融系のSEOコンテンツ制作

 

制作のポイント

・競合サイトの金融系の記事コンテンツリサーチからSEO記事の企画やライティングを一貫して請け負ったことで、オウンドメディア上でコンスタントな情報発信

・Web以外の媒体からも金融情報をピックしたことで、継続的な集客効果を得られる資産性のあるコンテンツSEO施策へ

・ご担当者様の監修者によるコンテンツへのフィードバックで、記事制作における相互理解を深める対策で、整合性のある金融系SEO記事を制作

Author
作成者
株式会社Curiver
株式会社Curiver

栃木県のデジタルマーケティング会社です。Web戦略の設計段階からクリエイティブの企画・制作、マーケティング施策の実行・改善まで、零細・中小企業におけるWeb関連業務を一貫して代行します。

Supervisor
監修者
柄木田 裕哉
柄木田 裕哉

株式会社Curiver代表取締役。1996年、栃木県さくら市出身。新卒で独立し、Webサイト・記事制作、SEO対策、Webマーケティングの受託とWebメディアを運営。現在はマーケティングプロジェクトの統括や制作ディレクションを担当。

Other case
他の事例