Contents

PR動画とは?メリット・事例・外注時の制作費用目安

ホーム コンテンツ PR動画とは?メリット・事例・外注時の制作費用目安
PR動画とは?メリット・事例・外注時の制作費用目安
メニュー

PR動画とは?

そもそもPRとは、公衆(パブリック)との関係構築(リレーションズ)を意味します。

その中で、PR動画は企業と外部の組織や人々をつなぎ、各所と良好な関係性を構築するための接点となり、企業活動や企業情報をより多くの公衆へ効率的に知らせられる有用な形式の動画です。

特に昨今の企業活動は利潤追求のみならず、持続可能な開発目標(SDGs)をはじめとして、企業の社会的な活動性が重要視されるケースも増えています。

そうした中、商品の販売促進やブランディングを目的とした動画活用だけではなく、ステークホルダーや社会といった公衆との繋がりを持つためのPR活動の一環としても、動画を活用する事例が増えています。

またPRとプロモーションは混同されることが多い傾向にありますが、PR=パブリックリレーションズ、プロモーション=販売促進です。そのためPR動画とプロモーションビデオも、それぞれ異なる形式の動画を指します。

PR動画のメリット

PR動画は公衆との良好な関係を築くことを主な目的として制作されますが、最終的な顧客獲得や売上拡大といった企業活動の目的を達成するための基盤を構成する役割も担っています。

例えば地域イベントのPR動画を制作した場合、完成したPR動画を企業のWebサイトをはじめ拡散力の高いSNSで活用することにより、認知拡大につなげられます。その結果、認知拡大に伴いイベント会場への来場を促進し最終的に売上拡大に寄与します。

このように直接的にPR動画で購入促進や売上拡大を狙うことはなくとも、結果的にPR動画は副次的に売上拡大へつながるケースも珍しくありません。実際にPR動画では、消費者や見込み客に対して、商品購入やサービス利用等の売上に直結する情報を直接的に訴求しないため、広告感を出さずに訴求できるメリットがあります。

ジャンル別の外注費用

以下は、PR動画の制作を、外注した場合の参考費用です。

ジャンル

制作費用

備考

商品PR動画

20〜70万円

自社でお持ちの写真・動画・イラスト素材を組み合わせて商品PR動画を制作できる場合、制作費を抑えられるケースがあります。

イベントPR動画

20〜70万円

過去のイベント風景写真や動画など自社で素材をお持ちの場合、イベントPR動画の制作費を抑えられるケースがあります。

企業PR動画

30〜100万円

社内や社員の撮影に時間がかかるケースが多い企業PR動画は、制作費が膨らみがちです。

地域PR動画

30〜150万円

年間を通しての撮影が必要な場合や、撮影したい場所が多数ある場合など、撮影に時間がかかるケースが多い地域PR動画は、制作費が膨らむ傾向があります。

※制作するPR動画の尺やカット数、対象の商品・事業、などによって制作費用は大きく異なりますので、上記の制作費用は大まかな例としてご参考ください。

PR動画の事例

ここではサンプルとして作成した、各種PR動画をご紹介しています。

※以下に掲載しているPR動画事例は、全てデフォルトでミュート設定しております。

宇都宮市森林公園

宇都宮市森林公園のPR動画事例です。園内の美しい自然の色味を損なわないよう色彩補正に注意し、公園への集客やPRを目的とした動画として活用できるように制作しています。

化粧品・コスメイベント

化粧品・コスメイベントの告知を想定したPR動画事例です。WebサイトやSNSをはじめデジタルサイネージでの活用を見越し、パステルカラーをベースにイベント関連情報を短尺動画でまとめています。

農業イベント

農業イベントの告知を想定したPR動画事例です。リキッド系の効果やポップなBGMを使用し、野菜の発色が綺麗に表現できるよう、イメージアップを狙ったPRムービーとして制作しています。

米農家・販売業者

米農家・販売業者のパブリック・リレーションズを想定し制作したPR動画事例です。スピーディな構成と激しいBGMを使用し、農業のネガティブなイメージを払拭できるよう意識し作成しています。

Q&A

異なります。PR動画は企業を取り巻くさまざまな組織(パブリック)との良好な関係づくり(リレーション)を進めることを目的とします。一方でプロモーションビデオは販売促進を目的とするため、それぞれ制作の目的が異なります。

PRは公衆との関係構築のため、双方向のコミュニケーションが重要視されますが、一般的に広報は企業から社会や見込み客などへ一方的に行う情報発信を指します。

公衆を意味するパブリック(Public)と、関係構築を意味するリレーションズ(Relations)による造語である、パブリックリレーションズ(Public Relations)の略称です。

一般的には森林組合、漁業協同組合、商工会議所、社会福祉協議会、社会福祉団体といった公的な団体で活用されるケースが多い傾向にあります。

しかし最近では社会的なつながりを構築するために、上場企業や大企業を中心として企業での活用も進んでいます。特に環境問題や社会問題などをテーマにした事業を展開している場合には、PR動画が活用されます。

Author
著者
株式会社Curiver
株式会社Curiver

栃木県のデジタルマーケティング会社です。Web戦略の設計段階からクリエイティブの企画・制作、マーケティング施策の実行・改善まで、零細・中小企業におけるWeb関連業務を一貫して代行します。

Supervisor
監修者
柄木田 裕哉
柄木田 裕哉

株式会社Curiver代表取締役。1996年、栃木県さくら市出身。新卒で独立し、Webサイト・記事制作、SEO対策、Webマーケティングの受託とWebメディア運営を開始。現在は主にマーケティングプロジェクトの統括や制作のディレクションを担当しています。

Other contents
他のコンテンツ