Contents

記事制作の流れ 3つのフェーズと業務プロセス

ホーム コンテンツ 記事制作の流れ 3つのフェーズと業務プロセス
記事制作の流れ 3つのフェーズと業務プロセス
メニュー

記事制作の流れ

記事制作サービス」では以下のフェーズに分けて、調査・分析から企画、制作まで、各業務を進めます。

こちらでご紹介しているのは、基本的な記事制作の方法・流れです。制作する記事のジャンルや掲載する商品・サービス情報、図表の有無などによって、分析手法やライティング方法等は異なります。

  1. 4P分析
  2. 4C分析
  3. 見込み客ニーズ調査
  4. 競合記事コンテンツ調査
  1. 訴求ポイント・CTA策定
  2. 見出し・構成案作成
  3. 画像・図表企画
  1. 画像・図表作成
  2. 記事ライティング
  3. 校正・校閲

調査・分析フェーズ

記事制作における調査・分析フェーズでは、最終的な購入・利用等のコンバージョンを狙う商材の売り手視点・買い手視点で分析し、見込み客のニーズや競合記事を把握します。

⑴4P分析

対象となる商品・サービスを4P( Product:製品・Price:価格・ Place:流通・ Promotion:販売促進)=売り手側の視点で分析します。

⑵4C分析

対象の商品・サービスを4C( Customer Value:顧客価値・Cost:コスト・Convenience: 利便性・Communication:コミュニケーション)=買い手側の視点で分析します。

⑶見込み客ニーズ調査

サイト・ページを訪れている見込み客の主要なニーズを仮説を立てて抽出します。また必要に応じFAQやQ&A、共起語などを分析ツールで調査します。

⑷競合記事コンテンツ調査

同様の商品を扱っている企業、同様のサービスを提供している企業のサイト・コンテンツを調査し、制作する記事コンテンツと差別化し、自社商品・サービスの優位性やポジションを明確にします。

企画フェーズ

記事制作における企画フェーズでは、事前に把握した制作すべき記事の概要を踏まえ、見込み客へ訴求するポイントやCTAを前提に、見出し・構成案や必要に応じ画像や・図表を企画します。

⑴訴求ポイント・CTA策定

4P・4C分析、ニーズ・競合記事コンテンツ調査によって可視化したデータを基に、自社商品・サービスを訴求するポイントやCTAに設置するテキストを企画・策定します。

⑵見出し・構成案作成

訴求ポイントやCTAといった落とし所を踏まえて、記事の構成案や見出しを作成し、記事全体の枠組みを決定します。

⑶画像・図表企画

必要に応じ、見込み客の商品・サービスに対する理解度や関心を高められる画像や図表を企画します。記事のジャンルや商材によっては、写真やイラストで対応するケースもあります。

制作フェーズ

記事制作における制作フェーズでは、企画した訴求ポイントやCTA、見出し・構成案等を基に画像・図表の作成や記事のライティングを進め、校正・校閲の上で納品します。

⑴画像・図表作成

記事に組み込むことで、見込み客やユーザーが内容を理解しやすくなる場合には、画像・図表等を作成します。

⑵記事ライティング

作成した見出し・構成案を基に記事のライティングを進めます。また画像・図表などを挿入し、記事コンテンツを整形しながら制作します。

⑶校正・校閲

記事のライティングが完了したら、目視チェックとツールチェックで誤字脱字やスペルミス・表記の揺れや内容の誤りなどを調整します。

Author
著者
株式会社Curiver
株式会社Curiver

栃木県のデジタルマーケティング会社です。Web戦略の設計段階からクリエイティブの企画・制作、マーケティング施策の実行・改善まで、零細・中小企業におけるWeb関連業務を一貫して代行します。

Supervisor
監修者
柄木田 裕哉
柄木田 裕哉

株式会社Curiver代表取締役。1996年、栃木県さくら市出身。新卒で独立し、Webサイト・記事制作、SEO対策、Webマーケティングの受託とWebメディア運営を開始。現在は主にマーケティングプロジェクトの統括や制作のディレクションを担当しています。

Other contents
他のコンテンツ