SEOライティングとは?制作事例やSEO記事の書き方とコツ 制作代行会社の費用や外注の注意点

ホーム コンテンツ SEOライティングとは?制作事例やSEO記事の書き方とコツ 制作代行会社の費用や外注の注意点
a
SEOライティングとは?制作事例やSEO記事の書き方とコツ 制作代行会社の費用や外注の注意点
目次

SEOライティングで記事コンテンツを作成する1番のコツは、検索ユーザーのニーズを満たすユーザーファーストなSEO記事を制作することです。

ユーザーにとって有益な記事コンテンツが制作できれば、それに伴い検索エンジンからも高い評価を得やすく、上位表示や集客力アップにつながります。

本記事ではSEOライティングの概要から、SEOライティングでSEO記事を制作するメリットや書き方のコツを中心に解説してきます。

またSEOライティングやSEO記事制作の代行をはじめ、SEO対策関連のサービスをご提供している弊社、株式会社Curiverが公平な視点で、外注のデメリットや注意点まで解説します。

SEOライティングとは?

SEOライティングとは? SEO対策

SEOライティングとは、検索エンジン経由の集客力を向上させるために有効な、記事コンテンツの制作方法です。SEOライティングで制作されたSEO記事は、検索エンジン上で上位表示できる可能性が高まり、Webサイトへの流入を促進できるため、Web集客やマーケティング施策にも有効です。

またSEO(Search Engine Optimization)は検索エンジン最適化を意味しており、Webサイト・ページの構成やコンテンツのクオリティなど、さまざまな点を改良し検索エンジンから集客を向上させる一連の施策をSEO対策と言います。

SEO対策によって検索エンジンから高い評価を得るためには、SEOライティングによる記事コンテンツの制作をはじめ、外部SEOや内部SEOなど、さまざまな観点を考慮し対策する必要があります。

またSEO対策を進める際に重要なのが「コンテンツ イズ キング=コンテンツが最も重要」の考え方で、そのコンテンツを制作する方法が、SEOライティングと言えます。

SEOライティングによる記事コンテンツの上位表示事例


SEOライティングでSEO記事の制作を進め、Webサイト上で記事コンテンツを公開すると、検索エンジンの上位に自社の記事コンテンツが表示されるようになります。

次の画像は「工芸 SEO」をキーワードとして、SEOライティングで弊社が記事コンテンツを制作し、検索エンジン上で上位表示した事例です。

SEOライティング 上位表示 事例

弊社の記事コンテンツが独占して上位表示され、3位には弊社のSNS投稿ページが表示されています。

次の画像は「グロースハック」をメインキーワード、「デメリット」をサブキーワードとして、SEOライティングでSEO記事を制作し、上位表示かつ強調スニペットが表示された事例です。

SEOライティング 強調スニペット表示 事例

強調スニペットは「Google」で、次のように解説されています。

強調スニペットは、ユーザーの探している情報が見つけやすくなると判断された場合に表示され、実際にリンクをクリックしたときの内容やページに関する説明を見ることができます。モバイルや音声で検索を行うユーザーに特に便利な機能です。

引用:Google の強調スニペットの仕組み

次の画像はSEOライティングで作成した記事コンテンツとは異なりますが、カテゴリーページのSEO対策を進めたことで上位表示された事例です。

また「SEOコンサルティング 事例」のキーワードで上位表示されています。

SEO対策 カテゴリーページ 上位表示事例

SEO記事が上位表示すると、あるページを基点として、ユーザーがカテゴリーページなど他のページへ移動し、Webサイト全体の回遊率や滞在時間が向上します。

それに伴い他のページの評価も相乗的に向上し、当事例のようにSEOライティングで制作した記事コンテンツ以外のページも上位表示されやすくなります。

また弊社のページよりも上位に表示されているのは、広告掲載によって表示させている他のページです。

SEOライティングでSEO記事を書くメリット


上記で解説した事例のように、SEOライティングで記事コンテンツの制作を進めると、上位表示によって特定キーワードで検索したユーザーに、自社の記事コンテンツを見つけてもらいやすくなります。

この点が、SEOライティングで記事コンテンツを書く1番のメリットです。

さらに検索エンジンで上位表示されると、自社の認知向上をはじめ商品の購入やサービスの利用の促進、最終的には売上拡大にもつながる点もメリットです。

またSEO記事が上位表示されることで、流入したユーザーがWebサイト内にある他ページへ移動し他のページの閲覧数や滞在時間がアップするため、サイト全体のSEO対策にも有効です。

SEO対策の詳細は、「SEO対策とは?成功事例や上位表示の方法、検索エンジンの仕組みやメリット・デメリットを解説」をご覧ください。

SEOライティングの基礎知識

SEOライティングの基礎知識 ペルソナ 検索ニーズ 潜在ニーズ

SEOライティングの方法、SEOの書き方について解説する前に、その前提としてまず押さえておきたいのが、SEO記事はネットや書籍の情報をまとめただけのまとめ記事ではないという点です。

SEO記事制作では対象となるペルソナを意識し、ペルソナの検索ニーズ(顕在ニーズ)と潜在ニーズ(深層心理)を踏まえて、ユーザーファーストにSEOライティングを進めます。

これらを踏まえて制作されたユーザーにとって有益なSEO記事は、滞在時間が伸びアクセス数も高くなります。

なおかつ検索エンジンにも評価される好循環が生まれ、検索エンジン上で上位表示してもらいやすくなります。

またユーザーにとって有益な記事コンテンツを提供するためのSEOライティグでは、コンテンツマーケティングやデータ分析、記事制作など、さまざまな知識・ノウハウが必要です。

その中でもペルソナ設定や、検索ニーズ(顕在ニーズ)と潜在ニーズの把握は、特に重要ですので、SEOライティングの基礎知識として押さえておきましょう。

SEOライティングにおけるペルソナとは?

SEOライティング ペルソナ ターゲット

ペルソナとは、自社の商品やサービスを利用する仮想的なユーザー像のことを指します。

マーケティングや営業といった企業活動では、商品やサービスの対象をターゲットと称するケースが一般的ですが、ペルソナはそれよりも情報を幅広く明確にする点が特徴です。

例えば企業がターゲットを想定する場合、「年齢・性別・居住地」程度を洗い出すとします。

一方でペルソナは「趣味・年収・家族構成・行動属性・パーソナリティ」などまでの詳細に情報を洗い出します。

SEOライティングでは、記事の内容にもよりますが、想定するペルソナを明確に洗い出し、その情報を基にして言葉使いやトーン、改行など細かな点まで意識して記事コンテンツを制作していきます。

ペルソナを意識したSEOライティングができれば、読者のニーズに沿った有益な情報を提供できるようになり、検索エンジンからも高い評価を得られ上位表示でき、集客力が向上しやすくなります。

SEOライティングにおける検索ニーズ(顕在ニーズ)とは?


SEOライティングにおける検索ニーズ(顕在ニーズ)とは、検索キーワードから把握できる検索ユーザーが必要としている明確な情報のことです。

例えば「SEOライティング」のキーワードで検索したユーザーの検索ニーズ(顕在ニーズ)は、一般的に検索キーワードの通りSEOライティングの概要です。

ペルソナのニーズを捉え検索キーワードに対する明確なアンサーとなるように、SEOライティングを進める必要があります。

SEOライティングにおける潜在ニーズ(深層心理)とは?


SEOライティングにおける潜在ニーズとは、検索ユーザーが明確に想定できていない情報のことで、深層心理とも呼びます。

例えば「SEOライティング」のキーワードで検索したユーザーの潜在ニーズ(深層心理)は、「SEOライティングによって記事コンテンツを上位表示させたい。」「効果的なSEO対策を進めたい。」などが想定されます。

潜在ニーズ(深層心理)は検索ニーズ(顕在ニーズ)のように、検索キーワードを確認しただけでは把握しきれません。

そのため検索ニーズ(顕在ニーズ)を踏まえて、検索ユーザーがそのキーワードで検索した背景や何に対して課題を持っているのか?、どんな目的があるのか?など、ユーザー視点で考えることが重要です。

そうした潜在ニーズ(深層心理)を考え抜くことで、ユーザーが想定している検索ニーズに加え、より充実した情報を記事コンテンツで提供できるようになり、ユーザーにとって有用なSEO記事となります。

SEOライティングの流れ

SEOライティングの流れ

SEOライティングは、「ニーズや競合のリサーチ」「構成案や企画の作成」「SEO記事の制作・SEOライティング」「SEO記事の確認・修正」、合計4つ流れに沿って進めていきます。

SEOライティングによって、ユーザーにとって有益かつ検索エンジンに評価される記事コンテンツの制作は、ライターの思いつきや憶測でライティングすれば良いわけではありません。

ペルソナのニーズを明確化しユーザーファーストな記事コンテンツになるよう、入念にリサーチした上でデータに沿ってSEO記事を企画し、SEOライティングを進める必要があります。

実際、4つの流れに沿ってSEOライティングを進めると、単にライティングするのに比べ、どうしても時間と手間はかかります。

しかし上位表示され集客効果を得るためには、どれも欠かせない重要なフェーズです。

またSEOライティングを進める際には、事前にそのSEO記事で獲得したいキーワードを洗い出しておく作業が必要ですが、ここではすでにキーワードが洗い出してあり、SEOライティングするだけの状態と仮定しています。

キーワードの抽出や選定、SEO対策を意識したWebサイト運用の外注をご検討の場合は「コンテンツマーケティング代行サービス」をご覧ください。

SEOライティングに向けたリサーチ

SEOライティング リサーチ

SEOライティングにおけるリサーチは、競合となる他のSEO記事、ペルソナのニーズ、記事コンテンツに必要な情報、合計3つが主な対象です。

競合となる他のSEO記事のリサーチ


競合となるSEO記事とは、獲得したいキーワードで検索した際、すでに上位表示されている他の記事コンテンツを指します。

例えば「SEOライティング」のキーワードでSEOライティングする場合、「SEOライティング」を検索エンジンで検索した際に、上位表示されるSEO記事をリサーチします。

上位表示されているということは、その記事コンテンツがユーザーにとって有益であると、検索エンジンに認識されている裏返しです。

そのためSEOライティングを進めるには、他社の上位表示されている記事コンテンツをリサーチした上で、独自性のあるSEO記事を制作することが重要です。

ただし著作権の侵害や検索エンジンからのペナルティを受ける可能性があるため、他社の記事コンテンツをコピーするのはNGです。

ペルソナのニーズのリサーチ


ペルソナのニーズとは、SEO記事の想定読者が、その記事コンテンツを読んで解決したいことや必要としている情報を指します。

例えば「SEOライティング」のキーワードでSEO記事を制作する場合には、本記事で記載しているような、SEOライティングの概要やメリット、書き方のコツなど、ペルソナの主要なニーズをリサーチします。

ペルソナのニーズに沿ってユーザーファーストなSEO記事を制作することで、ユーザーが該当の記事コンテンツに長時間滞在してくれ、検索エンジンからの評価を高められます。

一方でニーズにそぐわない記事コンテンツは、ユーザーが離脱してしまい滞在時間が短くなる傾向にあります。

その結果、検索エンジンから高い評価を得ることが難しくなり、上位に表示されなくなります。

記事コンテンツに必要な情報のリサーチ


記事コンテンツに必要な情報とは、狙っているキーワードにおけるペルソナのニーズを満たせる情報のことです。

例えばキーワードが「SEOライティング」の場合、SEOライティングのメリットやSEO記事を書くコツをまとめた情報です。

本記事では、株式会社Curiver が過去のSEOライティングで実感したメリット、SEO記事制作のノウハウやコツを記載していますが、そうした経験がない場合にはネットや書籍などで必要な情報をリサーチします。

しかし単にネットや書籍の情報を収集すれば良いわけではなく、信頼できる情報を収集する必要があります。

例えば本記事のようにSEO対策に関連する情報であれば、検索エンジンを提供している「Google」から公表されている一時的な情報を参考にすることを推奨します。

SEO記事の企画・構成案作成


上記3つのリサーチが完了したら、SEOライティングで制作するSEO記事の企画と構成案を作成していきます。

上記にならい「SEOライティング」が上位表示を狙っているキーワードだとすると本記事のように、次のようなSEO記事の企画・構成案になります。

  • h1:SEOライティングとは?制作事例やSEO記事の書き方とコツ 制作代行会社の費用や外注の注意点
  • h2:SEOライティングとは?
  • h3:SEOライティングによる記事コンテンツの上位表示事例
  • h3:SEOライティングでSEO記事を書くメリット
  • h2:SEOライティングの基礎知識

※h1=大見出し(タイトル)タグ、h2=中見出しタグ、h3=小見出しタグ

SEOライティング


リサーチと企画・構成案の作成が完了したら、いよいよSEOライティングによるSEO記事の制作へ進みます。

SEO記事制作前の工程は、それぞれ時間と手間がかかりますが、省略せずSEOライティングの前に済ませておきましょう。

事前に済ませておくことで、該当のSEO記事における方向性が定まりスムーズにSEOライティングを進められます。

弊社ではSEOライティングを費用対効果に優れた外注で承っております。「SEOライティング・SEO記事制作代行サービス

記事コンテンツの確認・修正


SEOライティングでSEO記事が完成しても、すぐさま記事コンテンツをWebサイトで公開してよい訳ではありません。

人間がライティングする限り、どうしても記事コンテンツには誤字脱字や表記の誤りなどが発生します。

また既存の記事コンテンツをコピーペーストしていなくとも、同じような表現や言葉を使ってしまい、コピーコンテンツと認識されてしまう可能性があります。

そのため記事コンテンツを内容の誤字脱字やコピーの有無を細かに確認し、必要に応じて修正を加え、その上で記事コンテンツを公開しましょう。

SEOライティングの方法・SEO記事の書き方 制作事例を交え解説

SEOライティングの方法 SEO記事の書き方 SEOライティングの方法・SEO記事の書き方 制作事例

ここからは上記のSEOライティングの流れを踏まえ、SEOライティングの方法・SEO記事の書き方について、使用するSEO関連のツールや制作事例を交えて解説していきます。

SEOライティングの方法・SEO記事の書き方は、主に4つのプロセスで制作を進めていきます。

また以下で解説する方法・書き方は一般的な例であり、制作するジャンルや記事コンテンツのボリュームなどによっては、そのほかの作業が発生する可能性も往々にしてあります。

まずは下記の点を押さえ、必要に応じて制作工程や作業内容をブラッシュアップしてください。

  • リサーチ:Ubersuggest・ラッコキーワード・ラッコツールズ 等
  • 企画・構成案作成:Googleスプレッドシート・Excel 等
  • SEOライティング:Googleドキュメント・Word 等
  • SEO記事の修正:誤字脱字チェックツール・コピペチェックツール 等

SEOライティングに必要となる情報をリサーチ


まずは上位表示を狙うキーワードにおける、基本的な情報をリサーチします。

リサーチに使用するツールは次の3種類で、ここでも上記にならいキーワード例を「SEOライティング」として制作事例を解説します。

⑴「Ubersuggest」:検索ボリュームやSEO難易度などを把握

「Ubersuggest」は検索ボリュームやSEO難易度、クリック単価(CPC)など、該当のキーワードにおける概要を把握できるSEO対策に有効なツールです。

利用方法としては、SEOライティングを進めるSEO記事のキーワードを入力し、「日本語/日本(Ja/Jp)」が選択されていることを確認、「検索」をクリックします。

SEOライティング リサーチ Ubersuggest

「SEOライティング」で検索すると次のように表示されますので、1ヶ月あたりの検索ボリュームや難易度など、該当のキーワードの概要を把握できます。

SEOライティング Ubersuggest 検索ボリューム SEO難易度

⑵「ラッコキーワード」:サジェストキーワードを把握

次は「ラッコキーワード」を活用し、サジェストキーワード(候補キーワード)を把握します。

サジェストキーワードを確認することで、大まかな検索頻度や読者の検索ニーズを把握できます。

利用方法はSEOライティングを進めるSEO記事のキーワードを入力し、「検索」をクリックします。

SEOライティング リサーチ ラッコキーワード

「SEOライティング」で検索すると次のように表示され、該当のキーワードのサジェストキーワードを把握できます。SEOライティング リサーチ サジェストキーワード

⑶「ラッコツールズ 見出し(hタグ)抽出」:検索上位記事の構成を把握


最後に「ラッコツールズ」の「見出し(hタグ)抽出」を活用し、該当の検索キーワードにおける上位表示されている上位サイトの構成を確認します。

また該当の記事コンテンツにおける文字数や見出しタグ、ディスクリプションを抽出できます。

利用方法は、h1・h2・h3がチェックされていることを確認し、キーワードを入力、「上位サイトから抽出」をクリックします。

SEOライティング リサーチ ラッコツールズ 見出し(hタグ)抽出

必要に応じh4・h5・h6の見出しまで表示させ、見出しを参照します。

「SEOライティング」で検索すると次のように表示され、上位記事の情報を把握できます。

SEOライティング リサーチ ラッコツールズ 見出し(hタグ)抽出

またCSVファイルでダウンロードも可能ですので、必要に応じ「CVSダウンロード」をクリックします。

弊社がSEOライティング・SEO記事制作を進める際は、基本的にCSVでダウンロードしスプレッドシートに内容をまとめています。

SEO記事の企画・構成案を作成


上記のような方法でSEOライティング・SEO記事制作における基本的なリサーチが済んだら、SEO記事の企画・構成案を作成していきます。

SEO記事の構成で特に重要なのは、ペルソナ・読者の立場になり検索ニーズ(顕在ニーズ)と潜在ニーズを捉えた構成案を作成することです。

この点を念頭においた上で、上記で解説したツールを活用し、以下の参考用のシートを確認しながら、企画・構成案を制作します。

以下の画像は「SEOライティング・SEO記事制作 企画・構成案フォーマット」の完成形です。

SEOライティング・SEO記事制作 企画・構成案 キーワード概要

SEOライティング・SEO記事制作 企画・構成案フォーマット

※上記の画像に記載している内容は、企画段階の見出しであり、追記のライティングやリライト時に修正することがあります。

SEO記事の制作・SEOライティング


上記のような企画・構成案の作成が済んだら、SEO記事を制作するドキュメントに転記し、その上でSEOライティングを進めていきます。

次の画像は、上記で企画したSEO記事の構成案を「SEOライティング・SEO記事制作 ライティングフォーマット」に各見出しを転記した状態です。

SEOライティング・SEO記事制作 ライティングフォーマット

転記が済んだら、実際にSEOライティング・SEO記事制作を進めていきます。

上記のような方法をベースとして制作したのが、現在ご覧いただいている本記事です。

※リライトの関係で、上記ドキュメントの見出しから変更する場合があります。

SEO記事の確認・修正


SEOライティングが完了したら、最後に再度、記事コンテンツの内容を確認し修正していきます。

主に以下を確認・修正してください。

  • 誤字脱字
  • 句点の抜け・漏れ
  • 不要な改行
  • コピペ
  • 一文が極端に長い(1文、50〜100文字程度を目安)
  • 文字数の不足
  • 同一語尾の使用(必要に応じ体言止めなどを活用)
  • 表現のねじれ(例:「ウェブ」「Web」「WEB」等を統一) など

合わせて誤字脱字やコピペを下記のツールで確認していきます。

SEOライティング初心者がSEO記事を書くコツ

SEOライティング初心者がSEO記事を書くコツ

初心者がSEOライティングでSEO記事を書くコツは、ユーザーファーストな記事コンテンツを意識することや、検索エンジンファースト設定を施すこと、結論を優先的に書くこと、画像や動画を活用することなどが挙げられます。

ここからはより具体的に、SEOライティングでSEO記事を書くコツについて解説していきます。

リサーチや企画・構成案を作成してから本文を書き始める


SEOライティングやSEO記事制作に慣れている場合を除いて、初心者がいきなり本文を書き始めると、記事コンテンツの方向性や内容がブレてしまう可能性が高まります。

そのため競合や必要な情報を事前にリサーチし、企画・構成案を的確に作成し、その上でSEO記事制作を進めることもSEOライティングのコツです。

またいきなりSEOライティングを進めるのに比べリサーチや企画・構成案を作成しておくと、成果が出なかった場合、記事コンテンツに改善を加える際にもスムーズに改善点を把握できるようになるため有効です。

特にSEO記事は公開後に成果を確認しながら、リライトを重ねる必要があるため、初心者ほどライティング以外の作業も入念に進めましょう。

ユーザーファーストな記事を意識する

SEOライティングのコツ ユーザーファーストな記事多くの場合、企業が伝えたい情報を一方的に伝えるだけの情報提供では、ユーザーファーストな記事コンテンツとは言えません。

特に初めてSEOを意識したライティングを進める際は、伝えたいことばかりを列挙してしまい、ユーザーの離脱率や滞在時間が低下する可能性が高い傾向にあります。

上記でも解説したように、ペルソナの検索ニーズの調査・分析はもちろん、潜在的なニーズまでを想定しユーザー視点を重視することが、SEOライティングのコツです。

ペルソナの抱える潜在的なニーズまでを網羅したSEOライティングを進めることで、ユーザーファーストなSEO記事の制作につながります。

検索エンジンファーストな設定を施す


検索ニーズや潜在ニーズを網羅したSEO記事を制作していても、検索エンジンが該当の記事コンテンツを認識できない状態では、検索に表示されないため意味がありません。

そのため検索エンジンの仕組みを理解し、検索エンジンが該当のSEO記事を読み取りやすくい状態にしておくことが、SEOライティングのコツです。

また検索エンジンファーストな記事コンテンツにするためには、タイトルタグやhタグ(見出し)、ディスクリプション、パンくずリストの設置をはじめ、さまざまな点が関わってきます。

こうした細かな点は初心者が見落としがちな点ですが、記事コンテンツごとに設定し検索エンジンファーストに設定を施すように意識しましょう。

画像や動画を活用する

SEOライティングのコツ 画像や動画を活用する

画像や動画はテキストコンテンツに比べ、多くの情報量を持っており、SEO記事を補完するためには画像や動画の活用が欠かせません。

また画像や動画を活用することで、画像検索や動画検索でもユーザーから発見してもらいやすくなるため、この点も閲覧数を増やし上位表示を実現するために有効です。

また単に装飾するための画像や動画ではなく、記事コンテンツを補完できるような画像や動画を活用する点がコツです。

例えば本記事で解説した「SEOライティングの流れ」であれば、図解して全体の流れを一眼でわかりやすく表現すると、ユーザーにとって全肯定が理解しやすくなります。

できるだけ結論を優先的に書く


小説のような読み物コンテンツやコラム記事など特別な場合を除き、一般的に検索ユーザーはできるだけ早く必要な情報を欲しています。

そのためできるだけ結論を優先的に書く点も、SEOライティングのコツです。

特に初心者の場合、文字数を稼ぐために長々と説明してしまい、重要な点が曖昧になりがちです。

そのためまずは結論を優先的に記載し、その上で補足的に書き足していくようにSEOライティングを進めましょう。

また情報を早く得たいというユーザーのニーズに合致するという意味では、結論を優先的に書くこともユーザーファーストな記事コンテンツにつながります。

EAT向上につながる施策を意識する

SEOライティングのコツ 初心者 EAT

EATとは、Expertise(専門性)・Authoritativeness(権威性)・Trustworthiness(信頼性)の頭文字をとった造語で、SEOライティングをはじめSEO対策のシーンで多用されています。

EATを向上させることで、それに伴いSEO記事が上位表示されやすくなり、Webサイトへの流入の促進、最終的な商品・サービスの売上拡大にも効果的です。

例えば「運営者や著者名を公開する」「記事の情報を専門家に監修してもらう」「公的なサイトの情報を引用する」などが、SEO記事におけるEATを向上させるポイントです。

またEATを向上させる施策を進めるには、ペルソナの視点に立って記事コンテンツを確認し、どういった情報があれば信頼できるか?権威的な記事コンテンツだと思うか?といったことを念頭に据えることがコツです。

SEOライティングやSEO記事制作に役立つツール

SEOライティングやSEO記事制作に役立つツール

SEOライティングやSEO記事制作を進める際には、サジェスツールや共起語ツール、コピペチェックツール、校正・校閲ツールといったツールが役立ちます。

これらのツールを活用は、検索ニーズや潜在ニーズの把握をはじめ、ペルソナ情報のデータ分析、EAT向上につながる施策を打つ際にも有用です。

サジェストツール

SEOライティング サジェストツール

サジェストとは「提案する・示唆する」といった意味合いがあり、検索エンジンでは一般的に過去に他のユーザーが検索したキーワードをサジェストキーワードと言います。

SEOライティングのリサーチ段階で、サジェストキーワードを把握することで、検索ユーザーの悩みや課題、必要としている情報などを間接的に把握できます。

またサジェストツールを活用することで、該当のキーワードのサジェストキーワードを抽出してくれるため、ユーザーの必要としている情報を把握した上で、SEOライティングに望めます。

さらにサジェストをSEO記事に組み込むことでユーザーの満足度が高まりやすくなり、価値のある記事コンテンツとして検索エンジンからも評価を得やすくなります。

また以下のツールが、SEOライティングに役立つ、代表的なサジェストツールです。

共起語ツール

SEOライティング 共起語ツール

共起語とは、とあるキーワードと同時、または比較的頻繁に出現するワードを指します。

例えば「SEOライティング」が基本のキーワードの場合、「記事」「ユーザー」「サイト」「マーケティング」「検索」などが共起語に該当します。

極端な例をあげると「SEOライティング」について知りたいユーザーに対して、SEOライティングとデスク環境について記載した記事と、SEOライティングとマーケティングについて記載した記事では、一般的には明らかに後者の方が有用な記事になるはずです。

そのため共起語を把握しSEO記事に組み込むことで、よりペルソナにとって有用でユーザーファーストな記事コンテンツの制作につながります。

また以下がSEOライティングに役立つ、共起語を抽出してくれる代表的なツールです。

コピペチェックツール

SEOライティング コピペチェックツール

SEOライティングにおけるコピペチェックツールとは、主にネット上に同様の記事コンテンツが存在しているか否かを分析してくれるツールです。

SEO記事を制作する際は、著作権の問題を回避するため、独自性のある記事コンテンツで検索エンジンから高評価を得るためにコピペチェックツールを活用します。

コピペチェックツールを活用することで、おおむね著作権の問題を回避でき、独自性のある記事コンテンツ制作をサポートしてくれるため、必ずチェックしておきましょう。

また以下のツールがSEOライティングに役立つ、代表的なコピペチェックツールです。

校正・校閲ツール

SEOライティング 校正・校閲ツール

校正・校閲は主に出版関係で用いられる用語で、SEOライティングやSEO記事制作においては、次のように使用されています。

  • 校正:SEO記事における表記の誤りを正すこと
  • 校閲:SEO記事における内容の誤りを正すこと

SEOライティングにおける校正は、SEO記事に記載されているテキストの誤字脱字や文字・記号の誤り、英字のスペルミスなどを正すことです。

SEOライティングにおける校閲は、公的なサイトを参照したり、社会通念また一般的な認識を確認することで、正しい内容に改善することです。

ユーザーと検索エンジンの双方から信頼してもらうためにも、校正・校閲ツールを活用し、正しい表記・内容で、SEO記事を公開することが重要です。

また以下のツールがSEOライティングに役立つ、代表的な校正・校閲ツールです。

SEOライティングを進める際の注意点

SEOライティングを進める際の注意点

SEOライティングを進める際は、キーワードの量や「Google」の意向、コアアルゴリズムアップデートについて注意する必要があります。

ここではSEOライティングを進める際の注意点として、5つのテーマで解説していきます。

キーワードを詰め込みすぎない


SEOライティングを進める際、検索エンジンに認識してもらいやすくするために、SEO記事の中にキーワードを含めることは重要なことです。

しかしキーワードが詰め込まれすぎてしまうと、ユーザーにとって読みづらい記事コンテンツになってしまう恐れがあります。

例えば「SEO記事は〇〇で、SEO記事は〇〇なので〇〇なSEO記事です。」のように、1文にキーワードが複数含まれていると、読者はその文章に読みにくさを感じるでしょう。

そのためあくまでもユーザーが読む際に、どの程度のキーワードが必要か、というユーザーファーストな視点を持ち、SEOライティングを進めるように注意しましょう。

「Google」の意向を確認する


SEOライティングをはじめとするSEO対策は、別名「Google検索対策」と呼ばれることもあるように、「Google」の意向を確認した上で、対策を進めることが重要です。

「Google」からはさまざまなガイドラインが用意されていますので、SEOライティングを進める前に、それらの情報を確認しておきましょう。

コアアルゴリズムアップデートの情報をピックアップする


コアアルゴリズムアップデートとは、「Google」が検索エンジンのアルゴリズムを改良するために行われるアップデートのことです。

コアアルゴリズムアップデートが行われると、記事コンテンツの掲載されている順位が下落するケースがあるので注意が必要です。

できる限りアップデートによるネガティブな影響を受けないようにするため、コアアルゴリズムアップデートに関する情報をピックアップし、改良内容を踏まえて適宜対策していきましょう。

SEO記事を適宜リライトする


ユーザーのニーズや検索エンジンが高い評価を与えてくれる記事コンテンツは日常的に変化するため、SEO記事は制作して終了ではなく状況に合わせたリライトが必要です。

そのため適宜リライトし記事コンテンツが、ユーザーと検索エンジンにとって有用な状態にしておくことが重要です。

コアアルゴリズムアップデートをはじめ日常的な順位変動によって、順位の下落を避けるため、SEO記事を適宜リライトできる体制を整えておきましょう。

完璧なSEOライティングは存在しないことを理解する


同様のキーワードでも、ユーザーAにとって有益なSEO記事であっても、ユーザーBにとっては有益ではないケースがあります。

実際にユーザーの求める情報は十人十色で、全てのユーザーにとって有用で完璧なSEOライティングやSEO記事は存在しません。

そのため自社の商品・サービスにおけるペルソナ像やユーザーの求める情報が明確化し、どういったペルソナに向けて情報を提供するのかを事前に検討しておきましょう。

特に外部のSEO対策会社やSEOライターなどに、SEOライティングを依頼する場合には、どういったユーザーを対象にして、どういった目的でSEOライティングやSEO対策を進めるかについて明確にしておくことが重要です。

SEOライティングを外注した際の費用

SEOライティングを外注した際の費用

SEOライティングは検索エンジンからWebサイトへの流入を増加させられ、マーケティングやWebサイト運用に有効な記事コンテンツの制作方法ですが、専門性が高く難易度が高いのも実情です。

そのため中小企業をはじめ上場企業に至るまで、多くの企業がSEO対策会社やマーケティング会社へSEOライティングを外注して、SEO記事を制作しています。

ここではSEOライティング・SEO記事制作を外注した際の費用について解説していきます。

またこちらで解説する費用は一般的な例であり、SEO記事のジャンルや文字数、競合性などによって大きく変動があります。

作業内容的にどうしても変数が多い業務のため、まずはSEO対策会社やSEO記事の制作会社などに問い合わせてみるとヒアリングの上、大まかな費用感を明示してくれます。

SEOライティングのみ依頼した際の費用


SEOライティング・SEO記事制作サービス

外注でSEOライティングを依頼した際の費用は、1記事2500〜3000文字と想定した場合、5千円〜5万円程度が一般的な相場です。

本記事のように1.5万文字を超えるSEO記事を制作する場合は、10万円以上するケースも珍しくありません。

実際に弊社でも、1記事あたり10万円を超える記事コンテンツの制作をご依頼いただくケースがございます。

詳細は「SEOライティング・SEO記事制作代行サービス」をご覧ください。

キーワード選定からSEO記事制作を依頼した際の費用


SEOライティングを外注する場合、一般的には依頼者側でターゲティングするキーワードが決定し、文章作成のみを外注先の企業へ依頼します。

それに対してアイキャッチ画像の用意や作成、ディスクリプションテキストの作成などを含めた、SEO記事制作を依頼する場合もあります。

そうした画像やイラストまで含めたSEO記事制作を依頼した際の費用は、1記事2500〜3000文字と想定した場合、1〜7万円程度が一般的な相場です。

こちらも上記のSEOライティング同様、制作ジャンルをはじめとするさまざまな点によって、大きく費用は変動します。

WebサイトのSEO対策まで依頼した際の費用


SEO記事は公開すれば、いきなり検索の上位に表示されるものではなく、上位表示させるにはWebサイト自体のSEO関連の設定や他の記事コンテンツの調整なども重要な点です。

そうしたWebサイト全体のSEO対策とSEOライティングやコンテンツ制作を依頼した場合、月10〜50万円程度が一般的な費用相場です。

またこの点も制作するSEO記事の本数や文字数などによって、外注費用は大きく変動します。

コンテンツマーケティング・Webサイト運用まで依頼した際の費用


SEO対策・コンテンツマーケティングサービス

SEO記事は1本公開すれば成果が出るものではなく、継続的に記事コンテンツを公開してWebサイトのEATやコンテンツの充実度合いを高めていく必要があります。

また継続的にSEO記事をはじめとするコンテンツをWebサイト上で公開し、マーケティングしていく手法をコンテンツマーケティングと言います。

そうしたSEO記事を活用したコンテンツマーケティングやWebサイトの運用を依頼する場合の費用は、一般的に月30〜100万円程度が相場です。

比較的小規模なサイトや制作するSEO記事が少ない場合には20万円程度で外注することも可能ですが、大規模サイトやよりSEO対策で高い成果を望む場合には100万円単位で費用が発生するケースも珍しくありません。

詳細は「コンテンツマーケティング代行サービス」をご覧ください。

SEOライティングをSEO記事制作代行会社に外注するメリット

SEOライティングをSEO記事制作代行会社に外注するメリット

コンスタントなSEO記事制作や、専門的なSEOライティングを外注できるなど、SEOライティングをSEO記事制作代行会社に外注するメリットは多岐に渡ります。

社内のリソースを使わずSEO記事を作成しSEO対策を強化できる


SEOライティングはマーケティングに有効ですが、その反面、SEO記事制作には時間と手間がかかります。

一方でSEOライティングをSEO記事制作代行会社に外注することで、社内のリソースを使わずにSEO記事を制作できる点が1つ目のメリットです。

またSEOライティングは、ライティングだけではなくデータ分析やマーケティングといった知識も求められるため、社内のスタッフでSEO記事制作を進める際には大きな労力がかかります。

そのため自社で行うべき業務と、専門家に任せる業務を分類し、必要に応じて外注を活用しましょう。

コンスタントにSEO記事を公開できるようになる


多くの企業活動において成果が出るまで継続することが重要なように、SEOライティングやSEO記事制作においても継続的に行うことが重要です。

実際にSEO対策はデータ分析や制作、運用、改善といった業務が必要不可欠で、成果が出るまでに数ヶ月かかるケースが一般的です。

社内のスタッフだけでSEO施策を継続するにはリソース面はもちろん、成果が出るまでスタッフのモチベーションを維持する必要もあります。

しかし外注先となるSEO対策やSEOライティングの専門家であれば、一般的にSEO対策の特性を理解し着実にプロジェクトに取り組めます。

そのため外注を活用することで、コンスタントにSEO記事を制作・公開し、長期的に有用なWeb集客施策としてプロジェクトを進行できます。

専門的な視点でSEOライティングを進められる


本記事で解説したように、基本的なSEOライティングでもさまざまな工数があります。

しかし制作するSEO記事によっては、専門家の監修をつけたり、より複雑なデータ分析が必要になったり、書籍を参考にする必要があったりなど、制作に数倍の工数が発生することも珍しくありません。

実際にSEOライティングをはじめとするSEO対策は、Webサイトを持つ多くの企業が実践している方法であり、作業内容は高度化しています。

そうした制作作業を外注することで、より専門的な視点でSEOライティングを進められる点も、SEO記事制作代行会社に外注する大きなメリットです。

SEO記事をWeb上の資産として蓄積し継続的な集客に活用できる


Webサイト上に公開したSEO記事は、企業の資産として蓄積されていき、継続的なWeb集客の基盤として活用できます。

実際にSEOライティングでSEO記事を制作すれば、検索上位に表示されている期間中は、追加で費用が発生することはありません。

一方で一般的な広告は掲載料が発生するため、継続的に広告効果を得るためには費用を払い続ける必要があります。

もちろん修正や改善を加えるために記事コンテンツをリライトする場合などは費用が発生しますが、広告のような形で掲載期間中、常時広告費が発生することはありません。

このようにWeb上の資産として蓄積し継続的な集客に活用できる点もSEOライティングによる記事制作のメリットです。

認知向上から商品購入・サービス利用につながる


SEO記事は上位表示による検索からの流入増加や認知向上を実現できるだけではなく、商品購入・サービス利用といった実利に直接的につながる点もメリットです。

例えばECサイト上に公開したSEO記事に直接、購入のリンクを設けたり、お問合せボタンを設置することで、そのSEO記事経由で売上拡大を狙うことも可能です。

SEOライティングに精通している代行会社であれば、このように検索エンジン経由の認知獲得から、商品購入・サービス利用までワンストップで売上までの動線を確保できる点も外注を活用する理由の1つです。

SEOライティングをSEO記事制作代行会社に外注するデメリット

SEOライティングをSEO記事制作代行会社に外注するデメリットと注意点

SEOライティングをSEO記事制作代行会社に外注すると、ジャンルや本数により高額になる点、ノウハウを社内に蓄積しにくいといったデメリット・注意点も存在します。

社内にSEOライティングのノウハウを蓄積しにくい


外注を活用する1つ目のデメリット・注意点として挙げられるのが、社内にSEOライティングやSEO記事制作のノウハウを蓄積しにくい点です。

そのためSEOライティングのノウハウを社内で確立したい場合には、内製化する必要があります。

しかし検索キーワードのトレンドや「Google」のアップデート、多様化する読者ニーズに対応するためには、ある程度のスピード感を持って対策する必要もあります。

それらに対応するため、専業のSEO対策会社やSEO記事制作会社を活用し、効率的にSEO施策を進める企業が多い傾向にあります。

上位表示や集客力アップなど必ずしも成果が出るとは限らない


評判が良くどれだけ優れたSEO対策会社やSEO記事制作会であっても、必ず成果を保証できるわけではない点がデメリットとして挙げられます。

そのため評判の良い会社に外注したとしても、上位表示や集客力アップにつながるとも限りません。

というのも制作したSEO記事を評価し、順位を決定するのは検索エンジンだからです。

またSEO対策関連の会社は、基本となるSEO記事制作方法やWebサイトの運用方法があるものの、完璧な方法はありません。

ユーザーのニーズや検索エンジンの意向を調査分析し、何度も施策の改善を繰り返すことで上位表示させています

自社の意図と異なる内容になる可能性がある


特にSEO記事制作は数値で測れる定量的なものだけではなく、データにできない箇所が多くあります。

またユーザーのニーズや制作したSEO記事におけるテキストなどは、定性的で人によって感じ方が異なるものです。

そうした定性的な特性を持つSEOライティングを外注すると、自分の意図とは異なるSEO記事の内容ができあがる可能性がある点がデメリットです。

そのため外注する際は定量的なデータだけではなく、依頼側の意図を汲み取ってくれるか否かなど、定性的な面まで鑑みておくことが重要です。

SEO記事のジャンルや本数によっては高額になるケースがある


マーケティングや営業活動、Webサイト運用に有効なSEOライティングは、有効な分だけ費用もかさみます。

実際にアウトバウンド営業せず、SEO記事によるインバウンドの営業のみで運営している企業も珍しくありません。

SEOライティングはそれだけポテンシャルのあるマーケティング手法であり、その分高額になるケースもあります。

弊社でも1記事あたり10万円を越える金額でご発注いただくケースがございますが、これは多くの企業にとって決して安い金額ではありません。

そのため費用面がネックになる場合は、自社でSEO対策やSEOライティングを進めるのも1つの方法です。

しかし多くの企業がSEO対策会社に外注しSEO対策を進めている昨今は、付け焼き刃の知識やスキルでは、専業の会社に太刀打ちできないケースがほとんどです。

実際に弊社にお寄せいただくご相談でも、自社スタッフのリソースだけ消費してしまい成果が出ずにご連絡いただくケースが多い傾向にあります。

自社で行うべき業務と専業のSEO対策会社に任せる業務を見極め、限りあるリソースを外注で補いつつ、効率的にSEOライティングを進めることが重要です。

株式会社Curiver では累計500本以上のSEO記事制作・SEOライティングの実績がございます。

SEO記事制作・SEOライティングをはじめSEO対策やコンテンツマーケティングでお悩みの場合にはお気軽にご相談ください。

SEOライティングに関するQ&A

ユーザーファーストな記事コンテンツを意識することや、検索エンジンファースト設定を施すこと、結論を優先的に書くこと、画像や動画を活用するなどコツです。

外注でSEOライティングを依頼した際の費用は、1記事2500〜3000文字と想定した場合、5千円〜5万円程度が一般的な相場です。ジャンルや文字数、競合性などによって大きく変動するため、SEO対策会社やSEO記事の制作会社に問い合わせてみましょう。お問い合わせはこちら

競合となる他のSEO記事、ペルソナのニーズ、記事コンテンツに必要な情報の3つが主なリサーチ対象です。

上位表示によって特定キーワードで検索したユーザーに、自社の記事コンテンツを見つけてもらいやすくなるメリットがあります。また検索エンジンで上位表示されると、自社の認知向上をはじめ商品の購入やサービスの利用の促進、最終的には売上拡大にもつながります。

「ニーズや競合のリサーチ」「構成案や企画の作成」「SEO記事の制作・SEOライティング」「SEO記事の確認・修正」、合計4つ流れで行います。

リサーチ、企画・構成案作成、SEOライティング、SEO記事の修正、合計4つのフローでSEOライティングを進めます。

サジェストツール、共起語ツール、コピペチェックツール、校正・校閲ツールがSEOライティングには役立ちます。

「Google」の意向やコアアルゴリズムアップデートについて把握し、キーワードを詰め込みすぎないように注意する必要があります。

検索経由の集客力を高めるために有効な記事コンテンツ制作の方法です。また検索からの流入を増加させるために行うSEOライティングを含めた一連の対策をSEO対策と言います。

目次