ホーム コンテンツ 中小企業がコンテンツマーケティングを進めるメリット

中小企業がコンテンツマーケティングを進めるメリット

中小企業がコンテンツマーケティングを進めるメリット
目次

コンテンツマーケティングは、継続的な集客効果を期待できる点や見込み客の獲得に有効な点など、多くのメリットのある手法です。

中でも人的なリソースや予算に制限のある中小企業のWebサイトやSNS運用において、コンテンツマーケティングの活用は特有のメリットが挙げられます。

本記事では、中小企業がコンテンツマーケティングを進めるメリットを中心に解説します。

中小企業がコンテンツマーケティングを進めるメリット一覧

中小企業 コンテンツーケティング メリット

多くの中小企業では、コンテンツマーケティング施策をはじめとするWeb関連業務を自社で実装する際には、大手企業に比べ人材やノウハウ面で大きな制約が生じるケースが大半です。

しかし適宜外注の活用や専門のコンテンツマーケターやディレクターをアサインし、中小企業がコンテンツマーケティングを実装すれば多くのメリットを受けることができます。

中小企業におけるコンテンツマーケティングのメリット一覧

  • 継続的にWeb集客効果を期待できる
  • インバウンドで見込み客を獲得できる
  • Webサイトを魅力的に魅せられる
  • 必ずしも資金力に左右されない
  • 送客先のWebサイトをリッチな状態にできる
  • 必要業務に応じて外注を活用しやすい
  • SNS運用と相乗効果を生み出しやすい

上記がコンテンツマーケティングを中小企業が行う主なメリットです。以下でそれぞれのメリットを深掘りして解説していきます。

継続的にWeb集客効果を期待できる

継続的にWeb集客効果を期待できる点が、中小企業のコンテンツマーケティングにおける1つ目のメリットです。

一般的なコンテンツマーケティングでは、記事や動画などのコンテンツをWebサイト上で公開し、WebサイトやSNSの検索経由で見込み客を集客します。

基本的に一度制作したコンテンツは、WebサイトやSNSアカウント上に保存され、蓄積していくため、集客の導線を確保できると、継続的にWeb集客効果を期待できます。

またコンテンツマーケティングと並んで多く活用されているWeb広告は一度配信をストップしてしまうと、その集客導線も断たれてしまいます。

そのため広告は一過性の施策となり、予算に限りのある中小企業にとっては懸念材料となるケースが珍しくありません。

一方でコンテンツマーケティングは継続的にアクセスを集められ、WebサイトやSNSアカウントにおける資産としてコンテンツを積み上げることができます。

またコンテンツによって集客効果を得られた場合は、広告費が不要になるため、コスト削減にもつながります。

インバウンドで見込み客を獲得できる

インバウンドで見込み客を獲得できる点が、中小企業のコンテンツマーケティングにおける2つ目のメリットです。

マーケティングにおけるインバウンドとは、見込み客から商品・サービスに関連する情報を閲覧してもらい、自発的にお問合せや資料請求などを獲得する考え方です。

インバウンドと遂になるアウトバウンドでは、中小企業側から能動的に見込み客にアプローチする必要がありますが、インバウンドでは受動的にアクションを起こしてもらえます。

アウトバウンドの代表的な企業活動として挙げられるのが飛び込み営業ですが、昨今では消費者が自発的にネット検索などで商材を探し・比較検討・購入というフローが一般的です。

この点でもインバウンドの効果を期待できるコンテンツマーケティ具は、現在の購買行動に適した手法であると言えます。

また営業(アウトバウンド)の場合は都度、人員が必要になりますが、コンテンツは一度制作して発信してしまえば、営業ほどの人的リソースを必要とせず、人的リソースに制限の多い中小企業における大きなメリットです。

Webサイトを魅力的に魅せられる

Webサイトを魅力的に魅せられる点が、中小企業のコンテンツマーケティングにおける3つ目のメリットです。

上記でも触れたように、コンテンツマーケティングを継続して行うと、Webサイトにさまざまなコンテンツが蓄積されていきます。

コンテンツが豊富なWebサイトは、コンテンツが少ないWebサイトに比べ見込み客に良い印象を与えやすい傾向にあります。

大手企業のWebサイトではコンテンツが充実しているのが、ある意味スタンダードともいえますが、中小企業の場合、Webサイトにコンテンツが充実していることで見栄えが良くなり競合他社とも差別化しやすい傾向にあります。

実際に中小企業では、コンテンツマーケティングを進めWebサイトのコンテンツが充実しているケースはそれほど多くありませんので、こうした点が、中小企業特有のメリットとして挙げられます。

またコンテンツが豊富なWebサイトは、見込み客のWebサイトでの滞在時間を伸ばしやすく、検索で上位に表示されやすくなります。

その結果、SEO対策にもポジティブな影響を与え、相乗的に集客アップが見込めるケースもあります。

SEO対策については、以下の記事をご覧ください。

必ずしも資金力に左右されない

必ずしも資金力に左右されない点が、中小企業のコンテンツマーケティングにおける4つ目のメリットです。

多くの中小企業にとって予算は一番の問題であり、月次のマーケティング予算が数10万円から数100万程度が一般的で、大手のように数1,000万から億単位の予算を捻出するのは現実的ではありません。

先ほども触れたWeb広告では、ある程度予算をつぎ込めば見込み客の母数を確保できるため、その分だけ成果を見込めますが、これは資金が潤沢な企業のみ行える施策です。

また広告予算に詳細な制限が求められていることも珍しくない中小企業の場合、予算を全てつぎ込み広告を運用するような方法は実践しにくいのが実情です。

一方でコンテンツマーケティングでは、さまざまな調査・分析の上でペルソナやカスタマージャーニーを設計し、見込み客のニーズに適したコンテンツを制作して公開し能動的なアクションを促します。

そのためコンテンツマーケティングでは、Web広告のように母数は稼ぎにくい傾向にありますが、少ない予算でも調査・分析や設計を適切に行えば、見込み客に刺さるコンテンツでアプローチでき、予算に左右されず成果に繋げることも可能です。

また重要なのは、資金力の有無ではなく見込み客にとって有益なコンテンツを制作し提供することだと言えます。

送客先のWebサイトをリッチな状態にできる

送客先のWebサイトをリッチな状態にできるのが、中小企業のコンテンツマーケティングにおける5つ目のメリットです。

例えば広告に予算を割いて、いくら集客に成功しても、Webサイトのコンテンツが乏しければ顧客獲得には繋がりにくいのが実情です。

しかし裏を返せば、見込み客にとって信頼性のある情報や、価値のあるユーザーファーストなコンテンツであれば、見込み客の顧客化に繋がりやすいと言えます。

その点、コンテンツをWebサイトに蓄積していくコンテンツマーケティングでは、有益なコンテンツを提供し送客先のWebサイトをリッチな状態にでき、購買の促進や顧客のロイヤリティを高める要素にもなります。

特に中小企業のマーケティングでは、見込み客から自社ブランドや商品・サービスに愛着も持ってもらえるようなコンテンツを蓄積することが重要です。

必要業務に応じて外注を活用しやすい

必要業務に応じて外注を活用しやすいのが、中小企業のコンテンツマーケティングにおける6つ目のメリットです。

コンテンツマーケティングでは、主に①調査・分析、②設計・企画、③施策・制作の3つのフェーズに分けて施策を進行します。

それぞれの業務で専門的なノウハウやスキルは必要となりますが、このように何を行うかが明確になっているため、外注を活用し進行しやすい傾向にあります。

例えば、調査・分析におけるWebサイトのアクセス分析、設計・企画におけるペルソナ設計、施策・制作におけるコンテンツ制作だけを外注するといった分業化を進めやすいということです。

実際に多くの中小企業では、こうしたWeb関連の業務を得意とする企業ばかりではなく、自社で実行できない場合、必要な業務を社外に依頼できる外注を活用し、実務を進行するケースも珍しくありません。

また中小企業は慢性的な人材不足を抱えているケースや、そもそもITに関するスキル・ノウハウを自社で有していないケースも多い傾向にあります。

その際、自社で補えないITのノウハウやスキル、人手を補うことで、コンテンツマーケティングを効率的に進められます。

さらに外部の専門的なスタッフをアサインすることで、成果の出しやすいキーワードでの戦略設計や質の高いコンテンツの企画・制作が自社のリソースを費やさずとも実行できます。

以下のページではコンテンツマーケティングの流れを、①調査・分析、②設計・企画、③施策・制作の3フェーズに分けて基本的な作業内容を掲載しています。

コンテンツマーケティングにおけるいずれかの業務の外注を検討している場合には、チェックしてみてください。

SNS運用と相乗効果を生み出しやすい

SNS運用と相乗効果を生み出しやすい点が、中小企業のコンテンツマーケティングにおける7つ目のメリットです。

多くの中小企業でSNSを活用するケースが増えていますが、SNS運用は認知獲得やWebサイトへの流入導線の強化に有効な反面、SNS単体では売り上げ拡大には繋がりにくいのが現状です。

もちろん低価格な商材を扱うECサイトや通販サイトを運営している中小企業であれば、すぐに売り上げに繋げられるケースもあります。

しかし顧客単価が高額もしくは決済までのフローが長い商材を扱う中小企業の場合は、SNSでWebサイトへ集客しお問合せや資料請求を促す手法をとるのが一般的です。

実際に社員にSNS運用を任せているが売り上げには繋がっていないケースや、フォロワーは増えたが購買には至っていないと言ったケースも珍しくありません。

これはSNS運用とコンテンツマーケティングを切り離して考えている場合に起こりうることです。

一方でSNS運用とコンテンツマーケティングを連動させ、相乗効果を得られる仕組みを構築することで、フォロワーは少ないが売り上げに繋がるケースも珍しくありません。

多くの中小企業の場合、あくまでもSNS運用は認知獲得やWebサイトへの流入導線の強化を果たすためのフックであると割り切り、Webサイトを整えることも重要です。

弊社のSNSアカウントではフォロワーは、多くても数100名程度ですが、送客先のサイト内に事例や記事を充実させるコンテンツマーケティングを実装していることで、SNS経由でお問合せをいただくケースも増えています。

またSNSでは、ユーザーからのリアルタイムな反応やフィードバックを集められるメリットもあります。

ユーザーからのフィードバックは、商品・サービスの改善・向上のために企業にとって貴重な情報で、ユーザーの意見や要望を取り入れることで、顧客ニーズに合った商品・サービスの提供に役立ちます。

またフィードバックの傾向やパターンを分析し顧客のニーズを把握することで、将来の開発や戦略の方向性を見出すこともできます。

中小企業は外注活用で効率的なコンテンツマーケティング進行を

上記で解説したように、中小企業のコンテンツマーケティングは多くのメリットが挙げられます。

しかし人的リソースの不足や社内にWeb関連のノウハウ・スキルが確立されていないことから、コンテンツマーケティングを懸念しているケースもあるかもしれません。

そうした場合には、外注を活用し効率的にコンテンツマーケティングを進行するのも1つの方法です。

株式会社Curiverでは、コンテンツマーケティングの代行をはじめ、必要となるコンテンツの制作のみも代行しています。

コンテンツマーケティングやコンテンツ制作の外注をご検討の場合には、お気軽にお問い合わせください。

Q&A

  • 継続的にWeb集客効果を期待できる
  • インバウンドで見込み客を獲得できる
  • Webサイトを魅力的に魅せられる
  • 必ずしも資金力に左右されない
  • 送客先のWebサイトをリッチな状態にできる
  • 必要業務に応じて外注を活用しやすい
  • SNS運用と相乗効果を生み出しやすい

多くの場合は必要です。特に検索経由で見込み客を集客するSEO対策のスキルや、集客した見込み客からのお問合せや資料請求を促すためのサイト改善のスキルが重要です。

まずは自社サイトの状態を把握し、その上でペルソナ設計やカスタマージャーニーを作成し、コンテンツを制作・公開しましょう。

弊社のコンテンツマーケティング代行では、①調査・分析、②設計・企画、③施策・制作の3つのフェーズで進行します。コンテンツマーケティングの基本的な流れは、以下の記事をご覧ください。

コンテンツマーケティングの流れ 3つのフェーズと業務プロセス

著者
Picture of 株式会社Curiver
株式会社Curiver

栃木県のデジタルマーケティング会社です。Web戦略の設計段階からクリエイティブの企画・制作、マーケティング施策の実行・改善まで、零細・中小企業におけるWeb関連業務を一貫して代行します。

監修者
Picture of 柄木田 裕哉
柄木田 裕哉

株式会社Curiver代表取締役。1996年、栃木県さくら市出身。新卒で独立し、Webサイト・記事制作、SEO対策、Webマーケティングの受託とWebメディア運営を開始。現在は主にマーケティングプロジェクトの統括や制作のディレクションを担当しています。